本願寺築地別院 (築地本願寺)

ほんがんじつきじべついん (つきじほんがんじ)


東京都中央区にある浄土真宗本願寺派の寺院。
京都市にある西本願寺の別院である。築地本願寺の通称で呼ばれている。
本尊は聖徳太子の手彫りとされる阿弥陀如来立像。

歴史

1617年 西本願寺の別院として浅草近くの横山町に建立。「江戸浅草御坊」と呼ばれていた。
1657年 明暦の大火により焼失。幕府による区画整理で八丁堀沖の海上に移転することになる。
1679年 海を埋め立てて再建。築地という地名はこれに由来する。「築地御坊」と呼ばれる。当時は現在の築地市場側に向いて建てられ、場外市場のあたりが門前町となっていた。
1923年 関東大震災の火災により焼失。
1934年 現在の伽藍が完成。


本堂

  • 設計:伊東忠太
  • 施工:松井組
  • 起工:1931年(昭和6年)
  • 竣工:1934年(昭和9年)
  • 構造:鉄骨鉄筋コンクリート、鉄筋コンクリート
  • 階数:2階、地下1階



関連項目












タグ「東京都」「近代建築」がついた項目








  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE