2010年8月19日(木)


旅行記一覧 > 2010年8月スイス (8/17 18 19 20 21 22 23 24 )
2010-08-18 | 2010-08-20






朝ごはんのテーブルに敷いてあった紙。
明日、明後日に開かれるレースらしい。
湖を3.1km泳いで、ロードバイクで97km・2145mアップ、マウンテンバイクで30km・1180mアップ、最後に登山25km・2175mアップ。
狂ってる。
レースの名はインフェルノ(地獄)…。





今日は電車を乗り継いで、ユングフラウヨッホまで行く。
まずはホテルの近くのインターラーケンヴェスト駅。



隣の駅、インターラーケンオスト駅で、ベルナーオーバラント鉄道に乗り換え。




世界の車窓からって感じ。
雲がいい味だしてるが、展望台では雲ひとつ無く晴れていてほしい。



緩やかな勾配の切妻屋根の家。
広いバルコニーに、たくさんの花を飾っている。
この花、虫除けの効果もあるらしく、一石二鳥。



谷あいの村。



ゴツゴツした岩山が近づいてきた。



グリンデルワルト駅で、ヴェンゲルンアルプ鉄道に乗り換え。





車両基地。なんか江ノ電みたいだな。



グングン登る。アイガーの北壁が見える。



クライネシャイデック駅で乗り換え。



アイガーとメンヒ。



ユングフラウ鉄道に乗り換え。



ユングフラウヨッホまで登っていく。



アイガー北壁の中のトンネルをグングン登る。
ぶら下げたストックでわかるとおり、すごい急勾配。



ユングフラウ鉄道は、トンネルの中に二つの駅がある。
一つ目のアイガーヴァント駅。「アイガーの壁」の意。



高山病にならないようにゆっくり歩いて展望所へ。



アイガーの北壁にくりぬかれた展望所。
ここを登っていく人がいるなんて。



二つ目の駅、アイスメーア駅。「氷の海」の意。
その名の通り、一面が氷河の世界。



終点、ユングフラウヨッホ駅に到着。「ユングフラウの肩」の意。
標高3454m。こんな高いところに来たのは初めて。高山病を恐れてやたらゆっくり歩く。



さらにエレベーターで登る。



スフィンクス展望台(3573m)に到着。ヨーロッパ最長の氷河、アレッチ氷河!




メンヒ(4099m)



ユングフラウ(4158m)



アレッチ氷河のクレバス。



崖に張り出してる。



世界一高いポストから投函する絵葉書を書く。
日本のダルマポストが置いてあった!日本へ送る専用。
富士山五合目簡易郵便局と姉妹提携しているらしい。




氷の宮殿。氷河をくりぬいて作った氷の洞窟。




何のキャラクター?



氷のベンチ、想像以上に冷たっっ!



階段登るだけで心臓バクバク。



プラトー。万年雪の上を歩ける。



ユングフラウ鉄道で下る。



アイガーグレッチャー駅で下車してトレッキング。



..高山植物たくさん。



牧草地とそびえる山々。しばらしい風景。
アイガーとメンヒ。



メンヒとユングフラウ。




「白い牛と、茶色の牛と何が違うか知ってるか?白は牛乳、茶色はコーヒー牛乳。」
スイスのジョークらしい。
日本人の感性には響きませんなあ。



クライネシャイデックが見える。あそこまで下る。



急な斜面のつづら道に連なる人たち。



アイガーとユングフラウ鉄道。
アイガーをくりぬいて、ユングフラウヨッホまで鉄道を通しちゃおうなんて、よく明治時代に考えて実行したもんだ。



崖の上に集落が!



気持ちよさそう。



クライネシャイデック駅のレストランでお昼。
アルペンマカロニ。
チーズソースに、揚げたまねぎ、添えられているのはなんとすりおろしりんご。不思議な感じ。



駅前にとまってたマウンテンバイク。
あー、乗りたいなー。



クライネシャイデックから下る道を少し歩いてみた。
こっちは観光客が少なくて、とてもいい感じだった。



U字谷がよくわかる。



帰りの電車で、カメラを落っことして、レンズプロテクターを割ってしまった!
レンズは割れてなくてよかったー、とプロテクターを外そうとしたら、変形していて外せない!



ヴェンゲルンアルプ鉄道からの眺め。プロテクターのヒビとともに。



グリンデルワルトで下車。

ペンチがあれば何とかなるかもしれない。
お土産屋さんに入り、ペンチがついてるビクトリノックスを探す。
すると、日本人の店員さんがいて、ペンチを貸してくれた。ありがたい!

しかし、ペンチで変形を直すことはできなかった。



最終手段。思い切って割った。
中のレンズを傷つけないように慎重に。

とりあえず、普通に撮影できるようになった。



モンベルショップがあった!
グリンデルワルトは登山やトレッキングの拠点の町。アウトドア用品店がたくさん。




街中のいたるところにマウンテンバイクがとまってる。
さっきの電車からも走っているのを見かけた。
かなり盛んみたい。走るところがたくさんあるからなあ。



クライネシャイデックに止まってた2台だ。






グリンデルワルト駅



インターラーケンオスト駅に到着。



スイスのここらの地方のビール、ルーゲンブロイ。



お決まりのサラダ。



ピカタ。付け合せもお決まりの温野菜。おそらく冷凍。
スパゲティがかなり残念な茹で加減と味付けだった。



チョコレートケーキ。
意外と甘さ控えめだった。



いったんホテルに戻ってから街歩き。ピアノ演奏。



広場。ヘーエマッテ。だだっ広い。



インターラーケンヴェスト駅。
踏み切りを越えて、旧市街方面へ。



街中を流れるアーレ川。
スイスの川はどこも水面が高くて、堤防もなにもないのに家がギリギリまで建っていて、日本人の感覚からすると恐ろしい。
洪水はおこらないのか?




旧市街の町並み。



川の上は空気がひんやり。水が冷たいんだろう。



切妻屋根、妻入りの建物が並ぶ。
軒がやたらと張り出している。





広場で遊んでいる子供。
これ、どういうゲームなんだろ?ちょっと見てたけどさっぱりルールがわからなかった。



旅行記一覧 > 2010年8月スイス (8/17 18 19 20 21 22 23 24 )
2010-08-18 | 2010-08-20
























  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE