猿橋

さるはし


山梨県大月市の桂川に架かる橋。国指定名勝
日本唯一の刎橋である。


所在地 山梨県大月市猿橋町猿橋
料金 無料

刎橋

岸の岩盤に穴を開け、刎ね木を差し込んで斜め上空に突き出させる。
その上に少しずつ長い刎ね木を突き出させていき、これを足場に上部を組み上げる。


歴史

鎌倉時代にはすでに存在していたらしいが、その起源ははっきりしない。刎橋となった時期も不明。
1676年(延宝4年)以降は、橋の架け替えの記録が残っている。
少なくとも1756年(宝暦6年)からは類似した形式の刎橋である。

刎橋は当時他にもあったが、猿橋が最も有名で、日本三奇橋の一つとされた。
甲州街道に架かる重要な橋で、宿場に近く多くの往来があった。

1932年(昭和7年)に国の名勝に指定された。
1934年に上流に新猿橋が造られ、交通の主な役割を譲った。

現在の猿橋は、1984年(昭和59年)に架け替えられたもの。
1851年(嘉永4年)の橋を復元したものであるが、部材はH鋼に変更されている。


2010-09-26





関連項目




























  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE