乙字ヶ滝

おつじがたき


福島県須賀川市の阿武隈川にある滝。
河床の乙字形の断層が滝になっている。高さはないが水かさが増すと滝幅は100mにも達する。日本の滝百選のひとつ。

元禄2年に松尾芭蕉が訪れ、「五月雨の 滝降りうづむ水かさ哉」と詠んだ。
江戸時代、阿武隈川の舟運の最大の難所と言われ、滝の北側の岸壁を堀割り工事をして船を通した運河跡がある。

所在地 福島県須賀川市前田川


関連項目













  
添付ファイル
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE