ブレーキローター



#ref error : ファイルが見つかりません ()


ディスクブレーキを構成する要素の一つ。
ハブに取り付けられる円盤状の部品。

ハブと一緒に回転し、ブレーキキャリパー…に組み込まれたブレーキパッドで両面から押し付けて挟み込み、摩擦を発生させることで制動する。


材質・形状

一般的にはステンレス鋼が使われ、放熱性の向上とパッドの摩耗粉を逃がす為に、穴やスリットが開けられる。
フローティングピンで接続したもの。熱ひずみによる変形が少ない。
  • アイステクノロジーローター:シマノのXTRに採用されているローター。アルミニウムをステンレス鋼の間に挟んだ三層構造にすることで、放熱性を高めている。


サイズ

145mm

軽さを重視してクロスカントリーバイクの後輪に使われることがある。
160mm用インターナショナルの前キャリパーを後に使うとこのサイズになる。

160mm

標準的なサイズ。6インチとも呼ばれる。正確には6.3インチ。

185mm

160mm用インターナショナルの後キャリパーを前に、
205mm用インターナショナルの前キャリパーを後に使うとこのサイズになる。

205mm

強い制動力が要求されるダウンヒルバイクなどに使われるサイズ。8インチとも呼ばれる。


ハブへの取り付け方法

ディスクブレーキ登場時は各社ばらばらの規格だったが、現在では6穴に統一された。
それとシマノの規格であるセンターロックの二種類がほとんど。

  • 六穴:スタンダードな規格。ボルト六本でハブに固定する。
  • センターロックシマノの規格。ロックリングでハブに固定する。






関連項目
































  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE