伊東 忠太

いとう ちゅうた


明治から昭和初期の建築家、建築史家。
1867年11月21日(慶応3年10月26日)生、1954年(昭和29年)4月7日没。

帝国大学工科大学、同大学院を卒業。工学博士、東京帝国大学名誉教授。
法隆寺が日本最古の寺院建築であることを学問的に示し、日本建築史を創始した。
Architectureを建築と訳した。







#ref error : ファイルが見つかりません ()
東京都慰霊堂 東京都墨田区 1930年(昭和5年)


遊就館 東京都千代田区 1930年(昭和5年)


東京都復興記念館 東京都墨田区 1931年(昭和6年)4月


神田明神 東京都千代田区 1934年(昭和9年)

築地本願寺 東京都中央区 1934年(昭和9年)


湯島聖堂 東京都文京区 1934年(昭和9年)

高麗神社 埼玉県日高市 1935年(昭和10年)


関連項目
















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE