2011年8月10日(水)

さらまんじぇで昼食、墨繪で夕食

日記 > 2011年度
2011-08-08 | 2011-08-11



さらまんじぇで昼食。
オムレツのカレーソースがけ。
オムレツはとろとろでおいしいけど、プレーンオムレツで面白みにかけるし、カレーソースは甘くていまいち。具は鶏肉だけでいっぱいあるけどぱさついてた。
オムライスならよかったけどな。


それにしても今日は暑すぎ。暑いっていうかもはや加熱されてる感じ。



夕食は、前から行ってみたかった墨繪へ。


プリフィクスのコースが数種類ある。
スープ類・メイン・デザートの「風」にした。



ポテトグラタンえびソース。
濃厚なグラタンで、バジル味のクリームソースにはえびがコロコロ。



妻が選んだ、鯛としらすのリゾット。

クリーム系のリゾットだけど、刻み海苔に三つ葉、わさびまで乗って、まるでお茶漬けみたいな見た目にまず驚く。
そんな強引な組み合わせ…、と思ったけど、なんとこれが絶妙にあっておいしいので、さらに驚く。
これは衝撃的な一品。



牛肉のバジリコ焼椎茸ソース
椎茸が意外によくあう。旨みが強いから、洋風でも他の具材に負けないんだな。

グラタンとバジルがかぶってしまった。失敗。



妻が選んだ、地鶏のチーズ焼白きのこのあんかけ
これもきのこがおいしかった。



パン食べ放題。かごに数種類入れて店員さんが回ってくる。
ここ、パン屋もやっているくらいなのでおいしい。



シャーベット。
パッションフルーツの味が濃厚。下のパンナコッタと紅茶ゼリーがまたいい。


食後のミルクティーも濃くておいしかった。

パンをいっぱい食べたので、軽いこのコースでも満足。


フレンチだけど、和のアクセントをきかせかたが絶妙。
カジュアルな雰囲気だけど、大正っぽい内装が軽すぎないでいい感じ。
これは何度も行きたくなる。いいお店だった。
客層はほっとんどおばちゃんで、最後まで満席だった。



9月に金沢に行くので、ガイドブックを買ってきた。
まっぷるマガジンを買うか、るるぶを買うか、いつも迷う。
どっちでもいいんだけど、二つあるからどうしても比べてしまって、でもそんなに大きな差があるわけじゃないから決め手に欠いて、無駄に悩んでしまう。

金沢には、過去二回(2002年夏合宿2005年夏合宿)行っているけど、戦災を免れている大都市なので、いたるところに古い建築が残っていて全然見尽くせないほど。

今回も大興奮は必至。妻にあきれられることも必至。

食文化も豊かなのでそっちも十分に楽しみたい。
学生の頃はお金の都合で楽しみきれてないからね。
高級な加賀料理や魚も食べたいけど、学生の時食べたハントンライスもまた食べたい。
ちなみに、 Wikipediaのハントンライス の参考資料にこのサイトが使われてる…。俺、ネットをあさって調べただけだけど。




関連項目












  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE