旅用自転車の選び方



専用のツーリングバイクのほか、スポーツバイクを流用してツーリング用の自転車とする。

ツーリング用の自転車に求められる性能は主に三点ある。
1.荷物が積めること
多くの荷物を積むならばサイドバッグが装着できるキャリアを取り付ける必要がある。そのためにはフレームに、キャリアを取り付けるためのキャリアダボがついている必要がある。

2.長距離走行に適していること


3.走行速度域にあわせたギア比を備えていること










XC系ハードテイルマウンテンバイク

  • 未舗装路用の太いブロックタイヤを、舗装路用のタイヤに交換する必要がある。
  • ギア比が広く、急な上り坂を走ることがあるツーリングに適している。
  • フレームにダボ穴があればリアキャリアが取り付けられる。近年ではディスクブレーキが標準になり、リアキャリアを取り付けるためのダボ穴がないもの、もしくはダボ穴はあるがディスクブレーキと干渉してキャリアがつかないものが増えてきた。後者の場合はディスクブレーキに対応したリアキャリアで解決できる。
  • リアキャリアが取り付けられない場合は、フォークに取り付けるフロントキャリアがある。
  • 油圧ディスクブレーキの場合、故障時の対応が難しいので、ロングツーリングにはあまり向かない。


ロードバイク

  • ギア比が狭く、高速巡航に適しているので、一日あたりに走る距離が長くあまり観光をしないような、走り重視のツーリングに向いている。
  • チェーンリングをコンパクトやトリプルにして、ある程度ギア比を下げることはできる。
  • 基本的にフレームにダボ穴がない。取り付けられるのはシートポストキャリアとフロントバッグ程度になるので、多くの荷物を積むことはできない。


クロスバイク

  • マウンテンバイクとロードバイクの中間的なものをすべてクロスバイクと呼んでいるので、性格は幅広い。コンポーネントがマウンテンバイク系か、ロード系かでどちらよりの性格なのかが判断できる。
  • ダボ穴はある場合が多い

  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE