七稲地蔵

なないねじぞう


石川県金沢市の卯辰山山麓寺院群の寿経寺門前にある石地蔵。
1858年(安政5年)におこった、卯辰山の泣き一揆で処刑された七人の首謀者を供養している。

所在地 石川県金沢市子来町57
地図
より大きな地図で 石川県 を表示

安政5年は、地震、冷夏、長雨により不作だった。
それをうけて、米の買い占めや売り惜しみにより価格が高騰し、庶民の生活が困窮した。
7/11の夜、約2000人が卯辰山に登り、城に向かってひもじさを訴えて泣き叫んだ。
翌日、藩の御蔵米500俵が放出され、米の価格を下げる命令が出された。
しかし、卯辰山は金沢城を見下ろせるため、立ち入りが制限されていたこと、事前の断りなく直訴することは重罪だったため、首謀者7人は7/26に捕縛された。うち5名が打ち首、2名が獄死した。




関連項目













  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE