オイルダンパー



オリフィス(穴)を通り抜ける油によりダンピング(減衰力)を発生させる仕組み。
油の粘度と、オリフィスの大きさで減衰力が変化する。
オリフィスだけだと減衰力は、ストロークが遅い時に弱く、速い時に強くなってしまう。
ダンパーにはこの逆の性質が求められるので、オリフィスを薄いシムを重ねたもので塞ぐ。
シムを組み合わせることで減衰力は、ストロークが遅い時はシムがまくれづらいため強く、速い時にシムがまくれて弱くなる。


関連項目

  • 自転車用語
+ ...












  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE