玉こんにゃく

たまこんにゃく



玉状のこんにゃく3〜4個を割り箸に刺し、醤油を主とした汁で煮込んだもの。

汁の出汁にはスルメが用いられることが多い。
辛子がつけられる場合が多い。

観光地や祭り、学園祭等の屋台には必ずあり、家庭料理としても作られる。

起源

江戸時代に、米粉や砂糖が十分に手に入らず、団子の代わりとして羽州街道の茶屋で供されたとする説がある。










関連項目










  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE