多摩川浅間神社

たまがわせんげんじんじゃ


東京都大田区にある神社。
主祭神はコノハナノサクヤビメ。

本殿は都内唯一の浅間造

所在地 東京都大田区田園調布1-55-12
URL http://www.sengenjinja.info/
地図

由来

源頼朝が豊島郡滝野川松崎に出陣し、夫の身を案じた北条政子が後を追って多摩川まで来た時わらじの傷が痛み、この地で傷の治療をすることにした。
その際に亀甲山(かめのこやま)へ登ってみると富士山が鮮やかに見えた。自分の守り本尊である浅間神社に向って手を合わせ、夫の武運長久を祈り、身につけていた正観世音像をこの丘に建てたという。
それ以来、村人たちはこの像を「富士浅間大菩薩」と呼び祀ったのが、この神社の起こりとされている。

歴史

  • 文治年間(1185~1190年):創建。
  • 1652年(承応元年)5月:浅間神社表坂の土止め工事をしていた時に、九合目辺りから正観世音の立像が発掘された。多摩川で泥を洗い流すと片足が欠けていたため、新たに足を鋳造して祀り、6月1日に神事を行ったという。これにならい、現在も6月に例祭を行っている。
  • 1907年(明治40年):神社合祀の勅令により、下沼部村内の赤城神社・熊野神社を合祀。




参道


鳥居


食行身禄の石碑
明治15年に地元の講社が33回目の登山を記念して建てた。
字を書いたのは勝海舟。




拝殿・本殿
1973年(昭和48年)竣工



眺め





参考サイト




関連項目















































  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE