神仏習合

しんぶつしゅうごう

仏教と神道を合わせて、一つの信仰体系として再構築すること。


歴史

6世紀の伝来当初、蕃神(となりのくにのかみ)として、日本の神と同質の存在として認識された。
仏が日本の神と違う性質を持つと理解するにつれ、仏のもとに神と人間を同列に位置づけ、日本の神々も人間と同じ様に苦しみから逃れ仏の救済を求めていると認識されるようになった。苦悩する神を救済するため、神社内に寺院が建てられ(神宮寺)、神前で読経されるようになった。
この変化は、神を祀る有力豪族が、律令制導入による社会構造の変化で、共同体の首長から、私的所有地を持つ領主的な性格を持つようになるに伴い、共同体による祭祀に支えられた従来の神道は行き詰まりを見せ、豪族個人の新たな精神的支柱が求められたためだと考えられる。
また、寺院から神社への接近も見られ、寺院の守護神として神を勧請するようになった。











関連項目














  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE