旭川ラーメン

あさひかわラーメン



特徴

スープ

だしは豚骨・鶏ガラと煮干・昆布、味つけは醤油、色は澄んだものが多い。ラードを入れ、上部に油が浮いている。
かつての旭川市は養豚業が盛んだったため豚骨が使われたが、その臭みを消して風味を整えるため煮干や昆布を併用するようになった。
表面の油の層は、冬期に零下30度にもなる気候条件において、冷めにくくするためと言われている。

中細の縮れ麺が多い。加水率は28〜32%と低い。
自家製麺をしている店舗もあるが、市内の製麺所、加藤ラーメン、藤原製麺の麺を使用する店が多い。

昔ながらのものは、ねぎ、メンマ、チャーシューとシンプルである。
メンマは味付けせず塩抜きだけしたものが多い。


2007年8月13日




関連項目




























  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE