ル・コルビュジエ

Le Corbusier


スイス で生まれ、フランス で主に活躍した 建築家 。
本名は シャルル= エドゥアール・ジャンヌレ=グリ(Charles-Edouard Jeanneret-Gris)。

フランク・ロイド・ライト および ミース・ファン・デル・ローエ と共 に「近代建築の三大巨匠」として位置づけられる(ヴァルター・グロピ ウスを加えて四大巨匠とみなすこともある)。



スイス のラ・ショー=ド=フォン に時計の文字盤職人の父エデゥアール とピアノ教師の母マリーの次男として生まれた。家業を継ぐために時計 職人を養成する地元の装飾美術学校に学んだが、専門的な大学教育は受 けていない。

美術学校在学中の1907年に、ル・コルビュジェの才能を見いだした校長 のシャルル・レプラトゥニエの勧めで、建築家のルネ・シャパラと共に 最初の住宅『ファレ邸』の設計を手がけている。1908年にパリへ行 き、鉄筋コンクリート 建築の先駆者である オーギュスト・ペレ の事務所 に、1910年にはドイツ工作連盟 の中心人物であった ペーター・ベーレン スの事務所に籍を置き、短期間ではあったが実地で建築を学んだ。

1911年から半年かけてベルリンから東欧、トルコ、ギリシャ、イタリア を巡る東方への旅へ出た。ラ・ショー=ド=フォンの美術学校で教鞭を 執った後、1914年に鉄筋コンクリートによる住宅建設方法である「ドミ ノシステム」を発表。1917年にパリへ行き、2年ほど鉄筋コンクリート 会社に勤めた。1920年にダダの詩人のポール・デルメ、 ピュリスム の画 家のアメデ・オザンファンと共に雑誌『レスプリ・ヌーヴォー』 (L'esprit Nouveau)を創刊。この頃からル・コルビュジエというペン ネームを用いた。(このペンネームは、祖先の名からつけたもの。)

1922年にペレの下で働いていた従兄弟の ピエール・ジャンヌレ とともに 事務所を構えた。1923年に『レスプリ・ヌーヴォー』に掲載された自ら の記事をまとめた著作『建築をめざして 』を発表し、世界中の建築家か ら注目を集めた。この著作の中の「住宅は住むための機械である (machines à habiter)」という言葉は彼の建築思想の代表的なものと してよく引用される。

1925年のパリ万国博覧会 (いわゆるアールデコ博)では装飾のない『レ スプリ・ヌーヴォー館』を設計し、アール・デコ 装飾の展示館が並ぶ 中、異彩を放った。また1922年のサロンドートンヌでは『300万人の現 代都市』を、1925年にはパリ市街を超高層ビル で建て替える都市改造案 『ヴォアザン計画』を、そして1930年には『輝く都市』を発表した。こ れらは低層過密な都市よりも、超高層ビルを建て、周囲に緑地を作った ほうが合理的であるとするもので、パリでは実現しなかったが、以降 の都市計画 の考え方に影響を与えた。 1927年、ミース・ファン・デル・ ローエが中心となり、ヴァイセンホーフで開かれたドイツ工作連盟主催 の住宅展(ヴァイセンホーフ・ジードルンク )に参加し、2棟の住宅を 設計した。

1928年以降に開催された CIAM(Congrès International d'Architecture Moderne、シアム、近代建築国際会議)では、 ヴァルター・グロピウ ス、ミース・ファン・デル・ローエ 、ジークフリード・ギーディオン ら とともに参加し、中心メンバーとして活躍した。CIAMは国際的な近代 建築運動の拠点になった。1931年竣工の『 サヴォア邸 』はル・コルビュ ジエの主張する「近代建築の五原則 」を典型的に示し、代表作として知 られる。1936年にはルシオ・コスタ の招聘を受け、ブラジルに滞在 し、オスカー・ニーマイヤー と共に旧教育保健省庁舎の設計に携わっ た。第二次世界大戦の際、ル・コルビュジエはドイツに協力的なヴィ シー政権に与し、ピエール・ジャンヌレ はフランスのレジスタンス運動 に参加したため、2人は袂を分かつことになったが、戦後再び、チャン ディーガルのプロジェクトで協働した。

第二次世界大戦 後、かねてよりの主張の実践である「ドミノシステム」 に基づく集合住宅『マルセイユのユニテ・ダビタシオン 』(L'unité d'habitation de Marseille)を建設(1947年-1952年)。また1951年から はインドの新興都市チャンディーガル の顧問として都市計画および主要 建築物(議会・裁判所・行政庁舎など)の設計に携わった。

また、「 モデュロール (仏:Modulor)」の理論を提案し、建築の実践 の場において機能性あるいは美学の達成への応用とした。

後期の代表作『 ロンシャンの礼拝堂 』(1955年竣工)はカニの甲羅を形 どったとされる独特な形態で、シェル構造 の採用など鉄筋コンクリート で可能になった自由な造形を示している。ここでは従来主張していた近 代建築の指標である機能性・合理性を超える新たな表現に達した。ドミ ニコ会派のカトリック信者であるル・コルビュジエは、引き続き『 ラ・ トゥーレット修道院』の設計についても依頼を受けた(1960年竣工)。 この間に『国立西洋美術館 』の基本設計のために一度来日している。

1965年、南フランスのカプ・マルタンで海水浴中に心臓発作で死去。78 歳没。 妻イヴォンヌ(1957年)、愛する母(1960年)が相次ぎ他界。また、自 身の公的記録を完成させた直後であり、自殺説もある。

評価

歴史上の功績は、鉄筋コンクリートを利用し、装飾のない平滑な壁面処理、伝統から切り離された合理性をモットーとしたモダニズム建築 の提唱者ということになる。ル・コルビュジエの思想は世界中に浸透したが、1920年代の近代主義建築の成立過程において建設技術の進歩にも支えられて、とくに造形上に果たした功績が大きい。彼の造形手法はモダ ニズムの一つの規範ともなり、世界に広がって 1960年代 に一つのピーク を極めた(その反動から1980年代 には装飾過多、伝統回帰的な ポストモ ダン建築も主張された)。

西洋では組積造(石積み・レンガ積み)による建築が伝統的だったが、 ル・コルビュジエはスラブ、柱、階段のみが建築の主要要素だとするド ミノシステムを考案した。その後の代表作サヴォア邸は、ル・コルビュ ジエの主張する「新しい建築の5つの要点(ピロティ 、屋上庭園、自由 な平面、水平連続窓、自由な立面)」(近代建築の五原則 )を体現して いる。クック邸が5つの要点を体現した最初の作品であり、サヴォア邸 でより完成度の高い実例を示した。

都市計画の分野でもパリ改造計画案を発表したほか、CIAM 第4回会議で ル・コルビュジエらが提案したアテネ憲章 (1933年)は、公開空地 な ど、以後の都市計画理論に多大な影響を与えた。後にはチャンディーガ ルなどで実践している。 終始モダニズムの論客として、新しいビジョン を示す論陣を張ってきた彼は、実作においては自由な芸術家としての立 場を貫き、必ずしも常に論理性を重視しているとはいえない。しかし、 作品の独創性や新規性により、そうした矛盾を問題視させない。晩年の ロンシャンの礼拝堂(ノートルダム・デュ・オー礼拝堂)は造形を特に 強調し、それまで主張していたモダニズム建築からかけ離れた作品とし て注目される。

ル・コルビュジエの建築模型や図面、家具は、20点以上が ニューヨーク 近代美術館に収蔵されている。コルビュジエの代表作であるLC2 Grand Confort(大いなる快適)は、デザイン家具の歴史上、最も大きな功績を 残した作品である。 1997年4月から発行されている、現行の第8次紙幣 の10スイス・フラン にはル・コルビュジエの肖像と作品が描かれてい る。




関連項目
















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE