祭神

さいじん



ある神社について、そこに祀られている神。

主神・配神

神社では、複数の神を祀っているのが普通であり、その中で主として祀られる神を主神、主祭神、それ以外を配神、配祀神(はいししん)、相殿神(あいどのしん)という。

配神は通常は主神に縁のある神であるが、その他様々な経緯により共に祀られるようになった配神もある。
主神と同時に祀られるようになった配神もあれば、後で加えられた配神もある。
中には、元々は配神であったのが、後に主神に取って変わったものもある。
明治時代の神社合祀により、多くの配神を祀ることになった神社もある。

相殿(あいどの。合殿とも書く)とは、主神を含めて複数の神が祀られた社殿のことを指す。「相殿神」とは相殿に祀られる神のことであるが、主神と配神とがある場合は配神のことを相殿神という。


歴史


元々神道は海・山・川などを神体とする自然崇拝から始まったものであり、初期の神社では、そこに祀られる神には特に名前はないか、不詳であった。
記紀や万葉集などでも、祭神の名が記されているのは伊勢神宮、住吉神社などごくわずかであり、ほとんどの神社の祭神は、鎮座地名や神社名に「神」をつけただけの名前で呼ばれていた。
延喜式神名帳でもほとんどの神社は社名しか記されていないことから、延喜式が編まれた10世紀初頭ごろまではほとんどの神社の祭神には特に名前がついていなかったことがわかる。

10世紀ごろから、それまでの氏神・地主神としての性格だけでなく、火の神・水の神・木の神などの具体的な神徳・機能が附加されるようになり、祭神も、日本神話に登場する神、あるいは「命・尊」「彦・比古」「姫・媛・比売」などをつけた人格的な神に移行するようになった。
また、稲荷・八幡などの有力な神を分霊(勧請)してそれを主神とすることも広く行われた。


関連項目






















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE