旧渋沢庭園

きゅうしぶさわていえん


東京都北区飛鳥山公園内にある庭園。

旧渋沢家飛鳥山邸として、青淵文庫、晩香盧が重要文化財に指定されている。

所在地 東京都北区西ヶ原2-16-1
地図


青淵文庫

  • 竣工:1925年(大正14年)
  • 設計:中村・田辺建築事務所
  • 施工:清水組
  • 構造:鉄筋コンクリート造
  • 階数:2階
  • 建築面積:213.67m2

渋沢栄一(1840-1931)の傘寿(80歳)祝いと、男爵から子爵への昇格祝いとして、竜門社(書生の会)が寄贈した。
名称は、栄一の雅号「青淵(せいえん)」にちなむ。

2階書庫に栄一の集めた論語関係の書籍を収蔵し、1階が閲覧室となる予定だったが、1923年(大正12年)の関東大震災により焼失したため、実際には接客に使用された。

ステンドグラスには渋沢家の家紋「違い柏」、「寿」、竜門社を表す「竜」がデザインされている。










晩香盧


  • 竣工:1917年(大正6年)
  • 設計:田辺淳吉(清水組技師長)
  • 施工:清水組
  • 構造:木造
  • 階数:平屋
  • 屋根材:桟瓦葺
  • 建築面積:79.24m2

渋沢栄一の喜寿(77歳)を祝って、清水組が贈った建物。
接待などに使用された。

洗練された意匠と精緻な造形が特徴で、アーツアンドクラフツ運動が具現化された数少ない建築として重要。

晩香盧(ばんこうろ)の名は、栄一自作の漢詩文「菊花晩節香」から採ったとも、栄一の父の法名から採ったとも、バンガローをもじったとも言われている。





関連項目










タグ「東京都」「近代建築」がついた項目




















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE