堀川用水

ほりかわようすい



福岡県朝倉市にある、江戸時代に造られた灌漑用の用水路。

「堀川用水及び朝倉揚水車」として、国指定史跡となっている。



所在地 福岡県朝倉市
地図

筑後川四大用水(堀川用水、床島用水、大石長野用水、袋野用水)の一つ。
  • 1663年(寛文三年):福岡藩士木村長兵衛、魚住五郎右衛門により着工。
  • 1664年(寛文四年):竣工。この結果一五〇町余が開田。
  • 1722年(享保七年):取水口に土砂が堆積したので、福岡藩士川崎伝次郎、麻生四郎右衛門によって取入口の移動が行われ、右岸の岩盤に長さ一一間、内法五尺四方の切貫水門が掘られる。
  • 1759(宝暦九年):上座郡奉行嶋井市太夫が検分の結果、用水路拡幅、新溝を開削、取入口拡張、突堤井堰の嵩揚げが実施されることとなる。十時源助の支配下で工事を実施。この結果灌漑面積は二一八町九反歩に増加。

堀川用水は流速も早く水量も豊富な用水であったため、上流部には揚水車が設置された。





関連項目













  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE