金沢カレー

かなざわカレー

#ref error : ファイルが見つかりません ()

石川県金沢市周辺のカレー店で提供される、独自の特徴のあるカレー。



特徴

  • ルーは濃厚でドロッとしている。
  • 付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている。
  • ステンレスの皿に盛られている。
  • フォークまたは先割れスプーンで食べる。
  • ルーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっている。
  • ルーを全体にかけて白いライスが見えないように盛り付ける。
なお、すべての店舗が上記の特徴を満たしているわけではない。

源流や元祖の店舗には諸説ある。

  • 現在の代表店よりもさらに古くから営業し、黒いルーの味、ステンレス皿やキャベツを使う盛り付け、先割れスプーンまたはフォークを使う「インデアンカレー」
  • 北陸でのカツカレー提供という視点で「カレーのチャンピオン」の創業者が経営した「洋食屋タナカ」
  • 盛り付け方などから「キッチン・ユキ」


名称について


代表する店の多くは既に30年以上の歴史があり、形としては地元では古くから定着しているが、特に名称はなかった。
2006年頃から、「よこすか海軍カレー」や「札幌スープカレー」のご当地カレーが全国に知られるにつれ、対比として「金沢カレー」という言葉が徐々に使われ始める。
2007年に「ゴーゴーカレー」が「金沢カレーの火付け役」を名乗り始めると、「カレーのチャンピオン」では「元祖金沢カレーの店」の表記を追加した。


北陸地方以外へは「ターバンカレー」が京都府・長野県、「カレーの市民アルバ」が兵庫県に古くから出店しており、2004年に「ゴーゴーカレー」が東京にて開業。
2006年に「カレーの市民アルバ」は首都圏や関西圏に、2007年には「カレーのチャンピオン」が首都圏にフランチャイズ展開を開始している。中京圏ではカレーチェーン「金沢カレー」以外にも「カレーのチャンピオン」が積極的にフランチャイズ展開している。今のところ関西圏以西には「カレーのチャンピオン」は1店舗もないが、今後フランチャイズ展開する予定である。
また、多くの有名店では通信販売を取り扱っており、全国の家庭で味を楽しむ事が可能となっている。
その他に「カレーのチャンピオン」と「カレーの市民アルバ」は他業種に対してのカレーソースのみの卸提供も行っている。

店舗


インデアンカレー (金沢市)
カレーの市民アルバ(小松市)
カレーのチャンピオン(野々市市)
カレーハウス・ターバン(金沢市)
キッチン・ユキ(白山市)
ゴーゴーカレー(金沢市)
ゴールドカレー(金沢市)
漫画喫茶フリークス(野々市市)



関連項目









































  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE