旧芝離宮恩賜庭園

きゅうしばりきゅうおんしていえん


東京都港区にある庭園。
国指定名勝となっている。


所在地 東京都港区海岸一丁目
料金 150円
時間 9:00~17:00
休園日 12/29~1/3
URL http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index029.html
地図
2013年5月現在





大久保忠朝上屋敷の庭園、楽寿園が始まりで、宮内庁管理の離宮を経て、大正13年(1924年)東京市に下賜され、旧芝離宮恩賜庭園として公開された。

作庭当時は海岸に面しており、浜離宮恩賜庭園同様汐入の庭であった。
現在では周囲の埋め立てとビル群により海の眺望は失われた。一部が鉄道の増設用地に提供され面積が狭くなった。


  • 1678年(延宝6年):老中・大久保忠朝が芝金杉の地を拝領し、屋敷を構える。
  • 1686年(貞享3年):大久保忠朝屋敷内の庭園楽寿園として作庭される。
  • 1818年(文政元年):大久保忠真が邸地を返上、堀田正功が拝領する。
  • 1821年(文政4年):堀田家が邸地を返上、御用屋敷となる。
  • 1823年(文政6年):清水家の下屋敷となる。
  • 1846年(弘化3年):紀州徳川家が拝領、同家の別邸となり、芝御屋敷と称された。
  • 1871年(明治4年):有栖川宮熾仁親王邸となる。
  • 1875年(明治8年):英照皇太后の非常御立退所として皇室が買い上げた。
  • 1876年(明治9年):芝離宮となる。
  • 1891年(明治24年):迎賓館として洋館を新築。
  • 1923年(大正12年):関東大震災で洋館焼失。
  • 1924年(大正13年)1月:昭和天皇の御成婚を記念し、東京市(現東京都)に下賜。園地の復旧と整備を施す。
  • 1924年(大正13年)4月20日:旧芝離宮恩賜庭園として開園。
  • 1933年(昭和8年):史蹟指定を受ける。
  • 1979年(昭和54年):文化財保護法により名勝指定を受ける。また、この年から入園が有料となった。




入り口


藤棚












木橋、中島


九尺台



唐津山






石柱


西湖の堤


中島


築山



築山上から





砂浜



雪見燈篭








関連項目









タグ「大名庭園」がついた項目
旧芝離宮恩賜庭園 / 兼六園 / 小石川後楽園 / 仙巌園 / 六義園 / 栗林公園









  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE