復興小学校

ふっこうしょうがっこう


関東大震災後に復興事業の一環として建築された小学校の総称。


経緯


1923年に発生した関東大震災により、東京市立小学校は大きな被害を受けた。
全195校の約2/3が倒壊・焼失し、無傷だったのは2校にすぎなかった。

復興事業にあたり、東京市は不燃化のため鉄筋コンクリート造を採用した。
また、52の学校では、公園を併設するなどの試みも行われている。これは都市計画の中に小学校を位置づけて災害時の避難所としても使えるようにしたものである。
設計規格は東京市臨時建設局が作成した統一規格によるが、外観デザインはそれぞれに独自のものとされており、町の顔として時代の意匠をまとった凝ったものが多い。

復興小学校として全部で117校が建築された。建設時期は1924年から1935年にかけてで、1928年頃までに竣工したものが多い。

なお、同時期に建設された鉄筋コンクリート造の学校建築の中にも、厳密には復興小学校ではないものが含まれている。

改築小学校
校舎の被害はさほど大きくなかったが、ついでなので鉄筋コンクリート建築によって建て直したもの。
更にそれ以外
震災前には小学校として存在していなかったが、震災後に鉄筋コンクリート建築の校舎を新築して開校したもの。


関連項目














  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE