吉原殿中

よしわらでんちゅう


茨城県水戸市周辺で作られている和菓子。


概要

もち米から作ったあられを水飴で固め、きな粉がまぶされている。
形状は長さ8cm程度の円柱状で、オブラートでくるまれている。

江戸時代、水戸藩9代藩主・徳川斉昭の時代に奥女中の吉原が残ったごはん粒を乾燥させ焼いてきな粉をまぶして作ったのが始まりとされている。

埼玉に五家宝という似た菓子があるが、吉原殿中が由来になっているとも言われている。


商標

1963年(昭和38年)10月7日に水戸菓子工業協同組合が出願、1965年(昭和40年)1月14日に登録された、登録商標(第664129号)である。
同組合に加盟する企業および菓子店(井熊総本家、亀印製菓…あさ川製菓、菓舗もとや、吉田屋、前田屋製菓)のみが使用することができる。


2015-10-03


亀印製菓  吉原殿中




関連項目





タグ「茨城県」「食べ物」がついた項目
あさ川 / けんちん蕎麦 / 常陸野ネストビール / 干し納豆 / 水戸の梅 / 吉原殿中






















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE