旧因州池田屋敷表門

きゅういんしゅういけだやしきおもてもん

#ref error : ファイルが見つかりません ()

東京都台東区の上野公園にある、江戸末期に建てられた大名屋敷の門。

重要文化財に指定されている。

所在地 東京都台東区上野公園13番9号東京国立博物館構内
地図

  • 竣工:1830-1867
  • 形式:長屋門、唐破風造両出番所付
  • 屋根形状:入母屋、番所唐破風
  • 屋根材:総本瓦葺

大名の池田家江戸屋敷の表門で、丸の内
大名小路(現在の丸の内3丁目)に建てられていたが、明治25年、芝高輪台
町の常宮御殿の表門として移建された。
のちに東宮御所として使用され、さらに高松宮家に引き継がれる。
昭和29年3月、さらにここに移建して修理を加えたものである。
創建年代は明らかではないが、形式と手法からみて、江戸時代末期のものである。大名屋敷表門として最も格式が高い様式。



関連・参考サイト





関連項目






















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE