大悲山 笠森寺(笠森観音)

だいひさん かさもりじ(かさもりかんのん)


千葉県長南町にある天台宗別格大本山の寺院。本尊は十一面観音。通称・笠森観音。
観音堂は日本唯一の四方懸造りで、重要文化財に指定されている。

所在地 千葉県長生郡長南町笠森302
料金 観音堂 100円
時間 夏季8:00~16:30、冬季~16:00
地図
より大きな地図で 千葉県 を表示




参道


女人坂



切り通し


三本杉




子授楠




この穴をくぐると子供ができるとのこと。

六角堂




鐘楼堂



二天門






観音堂

  • 竣工:文禄年間(1592-1595)
  • 規模:桁行5間、梁間4間
  • 屋根形状:寄棟
  • 屋根材質:銅板葺

長元元年(1028年)に後一条天皇の勅願で建立されたと伝えられている。
その後焼失し、文禄年間(1592年-1595年)に再建された。
重要文化財日本唯一の四方懸造り。



岩山に長さの異なる床束を立てて、建物を支持している。



観音堂からの眺め。


右から。


仁王門



仁王門の先の道。この狭い道の両脇は崖。すごいやせ尾根。


自然遊歩道



すごいやせ尾根の上。両脇崖。


展望台


展望台からの眺め。森の向こうに茂原の町が見える。



観音堂が見える。



展望台から駐車場へ直接降りられる。



降りたところにある、弁天谷池。




関連項目









タグ「日本一」がついた項目










  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE