桁橋

けたばし(けたきょう)


橋梁の形式のひとつ。

構造形式による分類のひとつで、橋脚上部に渡した桁によって支える形式。


支間をあまり長くできないので、長い桁橋では橋脚を多く立ててつないでいく。
1本の桁を2個の支点で支える単純桁橋を連ねる方法と、1本の桁を3個以上の支点で支える連続桁橋がある。
単純桁橋は構造計算が簡単なのが利点である。
一方、連続桁橋は構造計算は複雑になるが、同じ断面の単純桁橋よりも長い支間とすることが可能。副次的な効果として床板のつなぎ目が少なくなるため車で渡るとき乗り心地が良くなる。また、地震などで橋脚の間隔が拡がってしまった場合、単純桁橋では桁が落ちてしまうが、連続桁橋ではその可能性は低い。鉄道・道路など様々な高架線には桁橋がよく用いられるが、近年では連続桁橋が多い。

他の形式と比べると、強度を保つために材料が多くなり、橋脚を余計に必要とする。そのため大型の橋には適さない。しかし単純さゆえの利点もあり、最近ではかなり大型の橋にも桁橋が採用されている。
橋脚を建てづらい中央部ではトラスアーチなど別の構造を採用して支間を長く取り、橋脚を建てやすい周辺部では単純桁橋を連ねる構造の橋も多い。





関連項目















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE