矢橋 賢吉

やばし けんきち

明治から大正にかけての建築家。
1869年10月24日(明治2年9月20日)生、1927年(昭和2年)5月24日没。

美濃国不破郡赤坂村(現岐阜県大垣市)出身。大垣中学(現岐阜県立大垣北高等学校)、第一高等中学校を経て東京帝国大学工科大学造家学科へ入学する。
在学中に辰野金吾らの薫陶を受ける。
卒業後、長崎税関監視部庁舎新築の設計監督を依嘱される。以降、建築家、営繕官僚として、明治、大正期の近代建築に携わる。
妻木頼黄の片腕といわれた。


  • 1894年(明治27年) - 東京帝国大学工科大学造家学科卒業。
  • 1896年(明治29年) - 工手学校造家学科教授就任。(工手学校は、帝国大学、東京職工学校などの大学・高専出身技師を補助する工手の養成を目的とし、工科大学教授らによって設立された私立の夜間学校。工学院大学の前身。)
  • 1898年(明治31年) - 大蔵省臨時葉煙草取扱所建築部技師に就任。妻木頼黄と出会う。
  • 1899年(明治32年) - 臨時税関工事部技師となる。
  • 1902年(明治35年) - 工手学校造家学科教授を辞任。農商務省より、1904年開催の米国博覧会参同準備委員に任ぜられる。その嘱託を受け、敷地選定のためアメリカに渡る。翌年に帰国。
  • 1904年(明治37年) - 臨時煙草製造準備局技師となり、建築部第一課長を命ぜられる。この時、臨時税関工事部技師、大蔵技師を兼任している。
  • 1905年(明治38年) - 大蔵省臨時建築部技師となり 第一課長となる。
  • 1906年(明治39年) - 大韓医院建築工事臨時監督として大韓帝国に渡る。翌年にも訪れている。
  • 1908年(明治41年) - 武田五一ともに欧米へ出張。アメリカのワシントンD.C.及び各州会議事堂を見学後、カナダを経てヨーロッパへ渡り、イギリス、ドイツ、フランス、スイス、イタリア、オーストリア、ロシアにて、各国建築の沿革並びに設計監督方法のほか、様式、装飾、構造、設備などの詳細な調査を行ない、翌年帰国。調査結果については「各国議院建築調査復命書」としてまとめられ、大蔵大臣桂太郎に提出されている。
  • 1913年(大正2年) - 大臣官房営繕課長として臨時建築課勤務を命ぜられる。同年、皇太子嘉仁の天皇即位礼のため、大禮使事務官造営部員を拝命する。昭憲皇太后崩御のため大典は延期され、1914年(大正4年)に再拝命している。
  • 1917年(大正6年) - 帝国議会議事堂建設の為の「議院建築調査会」の委員となる。他の委員は、辰野金吾、横河民輔、塚本靖、山下啓次郎らがいた。
  • 1918年(大正7年) - 議事堂建設の担当部局として、大蔵省に「臨時議院建築局」が発足。同局工営部長となる。国会議事堂の設計は一般公募であり、その審査員となる。審査員は柳田國男、寺田栄、塚本靖、丹羽鋤彦、山下啓次郎、辰野金吾、横河民輔、古市公威、中村達太郎、正木直彦、曽禰達蔵など12名である
  • 1919年(大正8年) - 工学博士号を授与される。また大蔵大臣官房臨時建築課長を命ぜられる。
  • 1923年(大正12年) - 大蔵省臨時営繕局同局技師として工営部長となる。
  • 1925年(大正14年) - 営繕管財局官技師として工務部長となる。
  • 1927年(昭和2年) - 帝国議会議事堂本館の上棟式の式典役員として参加。そのわずか1ヶ月後に急逝。矢橋の死後、部下の大熊喜邦、池田譲次が後を継ぎ、帝国議会議事堂の建設が進められる。







1924年(大正13年) 石川県庁舎本館(現しいのき迎賓館) 石川県金沢市



1913年(明治44年) 専売公社C-1号工場(現玉川図書館) 石川県金沢市


関連項目




この項目のタグ 
「や」 建築家 建築用語

















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE