ハチノコ

蜂の子


クロスズメバチ、ミツバチ、スズメバチ、アシナガバチなどの幼虫・さなぎ。
長野県・岐阜県・愛知県・静岡県・山梨県・栃木県・宮崎県などの山間部を中心に食用とされている。


かつては山間部の貴重な蛋白源として常食されていたが、現在では高級珍味ともなっている。
調理方法は、甘露煮、佃煮、塩または醤油味で炒る、蒸し焼き、炊き込み御飯(はちのこ御飯、蒸篭飯、素揚げ、生食など。


岐阜県東濃地方・愛知県ではクロスズメバチの子を「へぼ」と呼ぶ。


関連項目




















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE