渡良瀬橋

わたらせばし


栃木県日光市足尾町の渡良瀬川にある、明治時代に架けられ、昭和初期に大規模改修された橋。


所在地 栃木県日光市
地図

  • 竣工:明治末期
  • 改修:1935年(昭和10年)
  • 材質:鉄骨鉄筋コンクリート造(当初鉄骨造)
  • 形式:上路式開腹アーチ橋
  • 橋長:52.1m
  • 幅員:5.4m

当初鉄骨造で架けられた橋を、部材を一部間引いてその周囲に鉄筋コンクリートを打つという、珍しい改修がされている。

森高千里の歌、渡良瀬橋は足利市にある同名の橋。

  • 明治末期:鉄骨造で架けられる(主構造以外の横桁、床版、高欄等は木製)
  • 1927年(昭和2年):木製部分を鉄骨で改修。
  • 1935年(昭和10年):斜材全てと垂直材を一本おきに撤去し、残った鉄骨の周囲に鉄筋コンクリートを打って改修
  • 1997年(平成9年):新渡良瀬橋開通。本橋は歩行者専用となる。


関連項目














  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE