黒はんぺん

くろはんぺん


静岡県で食べられる魚肉練り製品。




概要

関東地方発祥の白いはんぺんとは異なり、灰色で、形状はD字型。
静岡県では「はんぺん」とはこれを指し、白いはんぺんとの区別のために黒はんぺんと呼称される。逆に白いはんぺんを「白はんぺん」と呼ぶこともある。

静岡県東部で販売・消費されているが、特に焼津はじめ清水や沼津など大漁港周辺の名物とされる。
静岡郷土料理の材料であり、静岡おでんの具材の一つとしても有名である。

鯖や鰺、鰯など、新鮮な多獲性の青魚に塩、砂糖、澱粉などを混ぜて潰してすり身にし、熱湯で茹であげる。水晒しは普通行わない。
原料を骨ごと用いるため、「白はんぺん」の柔らかい食感に比べ、舌に骨粉があたるざらざらした独特の口あたりがある。
うま味成分を逃さないので、原料の魚本来の風味が強い。特に、サバを原料とした黒はんぺんは、他の魚肉練り製品にはみられない独特の風味をもつ。血色素を含むため、加熱後の製品色は灰白色に仕上がる。


料理法

  • わさび醤油・柚子胡椒・ マヨネーズやマヨネーズ醤油をつけて食す。
  • フライパンで焼く。
  • 醤油とミリンで甘辛く煮付ける。
  • フライパンでバター焼きにして、醤油をかけて食べる。
  • 炙るか、蒸して生姜醤油を付けて食す。
  • 揚げる。から揚げ・磯部揚げ・チーズはさみ揚げやパン粉を衣にしたフライ等。静岡県内の小、中学校では黒はんぺんのフライが給食のおかずとして出ることがよくある。
  • おでん種にする。(静岡おでん


#ref error : ファイルが見つかりません ()



関連項目






















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE