平沢官衙遺跡

ひらさわかんがいせき


茨城県つくば市にある、奈良時代・平安時代の遺跡。
国指定史跡となっている。


所在地 茨城県つくば市
地図

奈良時代から平安時代にかけて造営された常陸国筑波郡の郡衙(役所)の一部。

郡衙には、郡衙政庁(役人が執務する場所)、正倉(租税として集められた稲などの保管倉庫)、館(宿泊・饗応の役割)、厨(食事を作る場所)などの建物があり、平沢官衙跡はこの中の正倉部分と云われている。
この遺跡では、掘立柱建物跡が55棟、礎石建物基壇跡4基、大溝跡や柵列跡、竪穴住居跡25軒が発掘されている。
この遺跡にあった建物は、コの字やLの字などの平面配置になっており、それぞれのまとまりごとに順番に増築されていったと考えられている。
建物跡には、側柱式建物と総柱式建物があるが、この遺跡の3分の2が総柱式建物になっていた。






関連項目






  • タグ「国指定史跡」がついた項目


  • タグ「つくば市」がついた項目











  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE