三聖堂

さんせいどう


宮城県松島町にある、江戸時代中期に建てられた仏堂。

松島町指定有形文化財となっている。


所在地 宮城県宮城郡松島町
地図

  • 竣工:1682年(天和2年)
  • 規模:方3間
  • 屋根形状:宝形(ほうぎょう)造、正面向拝付
  • 屋根材:萱葺

瑞巌寺第101世鵬雲(ほううん)和尚によって建てられた。
堂内には中央に聖観世音菩薩像、左に達磨大師像、右に菅原道真像を安置し、そのことから三聖堂と言われる。
当初は北向きに建てられたが、宝永6年(1709年)に参拝者の便をはかるため、南向きに改められた。
「三聖堂」の扁額は創建者である鵬雲の筆による。




2014-09-06





関連項目



  • この項目のタグ


  • タグ「松島町」がついた項目


  • タグ「江戸時代中期」がついた項目

























  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE