2014年9月29日(月)

和田峠日帰りツーリング

2014-09-21… | 2014-10-25









八王子から和田峠を越えて、相模川沿いを下って橋本から輪行して帰るという計画。


京王八王子駅。新宿から乗り換えなしで楽。速い。安い。



八王子市名物、都まんじゅう…を食べてみたくて、つるや製菓へ。



自動まんじゅう製造機。
福岡県の会社が作ったこの機械が全国に広まって、各地に似たようなまんじゅうがあるとのこと。
秋田の金萬を食べたことある。


都まんじゅう、1個35円。
できたて熱々。中は白あん。


国道20号を走っていたら、こんな建物を見つけてストップ。
加島屋。
後で調べたら、八王子空襲で焼け残った建物らしい。



さらにもう少し進んだ所にあった、なかの屋。
こちらは空襲で焼けたものの、戦後に同じように建てたらしい。
手作りのこんにゃく屋さん、今度行ってみたい。



南浅川沿いにコスモスが咲いていた。
高い青空とコスモス、秋だなあ。


このサイクリングロードも走ってみたい。



煙突があって銭湯かなと思ったら製あん工場。


山梨県道・神奈川県道・東京都道521号を走りながら、お昼ご飯はラーメンにしようか、それとも和田峠のふもとのお蕎麦屋さんにしようかと考えながら走っていたら、衝撃の電光掲示板が。

「和田峠、神奈川県側通行止め」

ああ、俺の今日の計画が。。

和田峠は登って引き返すか。。
ツーリングはポイントトゥポイントがいい。往復するのは嫌いなのに。
テンションが一気に下がる。

ただ、お昼ご飯はラーメン食べて、峠を上って下ってから蕎麦を食べることを思いついて、多少テンションを取り戻す。



山梨県道・神奈川県道・東京都道521号沿いにある味幸
平日の13時過ぎなのに5人くらい並んでいた。

この店構えと、演歌が流れる店内に反して、意外と若い夫婦がやっていた。

子連れ、おばあちゃん二人組、おばさん一人など、本当に老若男女問わない地元の人がひっきりなしに訪れ、地元に愛されているのがわかる。



中華そば
生の玉ねぎみじん切りが乗ってるのが珍しいと思ったら、八王子ラーメンの特徴らしい。
おいしかった。しかも550円という価格がうれしい。
ラーメンっていつのまにか800円くらいになったよな、昔は600円くらいだったイメージ。



浅川沿いを通る山梨県道・神奈川県道・東京都道521号
じわじわと登り始める。



谷っぽい感じに。






このあたり、やけに立派な家が多かった。



大きな蔵が三つも。



稲が刈り取られた田んぼ。






山と里と川。川沿いに咲くマンジュシャゲ。

こういう、何気ないけどすばらしい風景が楽しめるのが自転車ツーリングの好きなところ。

あと、今日は走りながら時々キンモクセイの香りがしたけど、土地ごと・季節ごとの匂いが感じられるのも好きなところ。



山梨県道・神奈川県道・東京都道521号沿いにあった民家。
元は茅葺だったであろう急斜面の屋根。
多摩地方に見られる兜造りの民家。



集落内、かなり狭くなる。



長屋門。これも屋根の勾配が急だから、元は茅葺かな。



突然目に飛び込んできた、薄緑色のペンキの建物。
上恩方郵便局。昭和初期の建築。
現役の郵便局。かなり興奮した。



郵便局と蔵と長屋門。昭和初期から変わらないであろう光景。






大木と立派な長屋門。
千鳥破風のついた長屋門、あまり見たことない。



だんだん急になってきた、山梨県道・神奈川県道・東京都道521号



陣馬高原下バス停付近。このあたりが和田峠手前の最後の集落。



和田峠の本格的な上りの始まり。



さっそく急勾配。
それにしても全然進まないと思ったら、後輪の空気がけっこう抜けていた。

実は、前後輪ともスローパンクしてて、昨夜空気入れて今朝そんなに抜けてなかったからまあいいかと、そのまま空気入れてきた。
むしろ後輪のほうが抜けてなかったんだけどなあ。
なんで、とりあえず空気入れて再出発。





平均斜度10%らしい。
最大は18%とか。

俺のツーリングバイク、コナ スートラは、MTBのドライブトレインなんで、なかなかインナーは使わないけど、これはインナーロー(24×36T)頻発だった。

ロードバイクのタイムアタックで有名らしいけど、こんな斜度をロードでTTなんて想像もしたくない。きつすぎ。



和田峠に到着。
神奈川県側は通行止め。



峠の標識がなかったので、和田林道完成記念碑。
見晴らしは特になし。

あーあ、神奈川県側に降りたかったなあと思いつつ、すぐに引き返す。
蕎麦屋さんが閉まっちゃう。



少し下った見晴らしのいいところ。

急なので、下りはけっこう恐怖感ある。



下ってきた。山下屋

さっき空気を入れてから約45分。再びブヨブヨに。うーむ。



陣馬蕎麦。
イカリソウ、ヨモギが入ってうっすら緑色の蕎麦。
ワサビじゃなくて、自家製の生七味を入れて食べる。
1953年からあるらしい。


後輪の空気を入れて、山下屋を出発。


ちょうど中学校の下校時間だったが、自転車はみんなきちんと車道左側通行。
徒歩の友達と一緒に帰ってる自転車の人も、押してる場合は歩道、乗ってる場合は車道と徹底していた。
時代は変わったなあ。


橋本まで走って、温泉に入って帰ろうかと、山梨県道・神奈川県道・東京都道521号から東京都道61号…へ入る。
丘陵地のアップダウン。後輪の空気が抜けて、三度目の空気入れ。
やっぱり、京王八王子から帰ろう。



国道20号の銀杏並木。
とりあえず、行きと違う道で、銀杏並木がいい雰囲気だったからよしとしよう。



国道をずっと走るのも味気ないので、線路沿いの道へ。
夕暮れの線路沿いというシチュエーション好き。



線路沿いの道は、交差する道路も少なく、自転車には快適。


京王八王子から新宿まで輪行。とても眠くてずっと寝てた。乗り換えなしは便利だ。
いつもなら新宿から自走するが、パンクで面倒なので最寄駅まで輪行する。
ただし、乗り換えの距離が長くて大変。



途中にあるAFD2005でジュース飲んで休憩。
フレッシュジュースが安くておいしいので気に入ってるお店。

あれ、最寄り駅まで輪行で自転車押して帰るってことは、ジュース飲んでる場合じゃなくてビールじゃないかと気がついた。


ベルクで生ビール一杯飲んで帰った。





2014-09-21… | 2014-10-25




  • この項目のタグ




















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE