鯛せんべい

たいせんべい


千葉県鴨川市の小湊の土産菓子。


概要




歴史


小湊にある、日蓮の伝説があり、天然記念物に指定されている鯛の浦に因む菓子。

大正時代に町内の「鈴木屋洋物店」店主、鈴木貞作(後に小湊町長)が観光地に相応しい銘菓をと提案し、天津の「廣木堂」(現在は閉店)で 「小湊名物 元祖 鯛焼煎餅」 として作られたのが始まり。
当時は、小麦粉に砂糖を加え、白胡麻をまぶして焼かれていた。
その後、卵が加えられ、白胡麻がけしの実に代わり、戦後に現在の形に落ち着いた。






関連項目




この項目のタグ








  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE