別府冷麺

べっぷれいめん


大分県別府市で食べられている麺料理。

現在、別府冷麺を出す店は別府市内で60〜70店とされる。
冷麺専門店系と焼肉屋系の2系列に大別される。
また、冷麺専門店や焼肉屋だけでなく、通常のラーメン屋や居酒屋などでも、メニューに加えられている。

特徴

麺は、小麦粉、そば粉、でんぷんを基本とする。
スープは、魚介をベースとした和風にアレンジされているのが特徴。

冷麺専門店系は、もちもちした太めの麺で、キャベツのキムチが添えられる。
焼肉屋系は、つるつるした中細麺で、白菜キムチが添えられる。


歴史

  • 1950年(昭和25年)頃、朝鮮系住民も多かった満州(中国東北部)から引き揚げた料理人が開いた店が発祥とされる。
  • 2009年度から「別府冷麺プロジェクト」を開始し、マップを作成したり、ウェブサイトを開設したりして、名物としての売り出しを図っている。






関連項目



この項目のタグ 
2012年10月6日 大分県 食べ物


タグ「大分県」「食べ門」がついた項目
ざびえる / 日田やきそば / 別府冷麺

























  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE