大規模小売店舗立地法

だいきぼこうりてんぽりっちほう



1998年、大店法を改正した法律。
略称「大店立地法」

大店法の問題点

①スーパーの立地がまちづくりの視点で捉えられていない。
②スーパーの出店による、交通混雑、環境問題への対応が不十分。
③スーパーと地元の中小小売店の共存共栄の計画が薄い。
④大店法は外国から非関税障壁との指摘があり、政策転換を必要とされた。

スーパーが来客や物流による交通・環境問題など、周辺の生活環境に適切な応対を図ることなど、積極的に地域づくりに貢献していくことを盛り込んだ。
地方自治体が個別の計画に対して協議できることになった。


関連項目





















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE