クロモズ275のパーツ

2017年4月22日

4/6に岡安製作所でフレーム受け取り。



フレーム ツバグラ クロモズ275  2645g
フォーク フォックスレーシングショックス 34TALAS27.5 140-110 CTD ADJ FIT 2015  2125g
ホイール イーストン ヘイスト24  771g
ホイール イーストン ヘイスト24  915g
タイヤ コンチネンタル X-KINGパフォーマンス 27.5×2.2  623g
タイヤ コンチネンタル X-KINGパフォーマンス 27.5×2.2  663g
チューブ前 マキシス ウルトラライト 27.5×1.9-2.35 147g
チューブ後 マキシス ウルトラライト 27.5×1.9-2.35 148g
RD シマノ デオーレXT RD-M8000-GS  (271g)
シフター シマノ デオーレXT SL-M8000-R (127g)
クランク シマノ セイント FC-M825 165mm  865g
チェーンリング レースフェイス ナローワイドシングルリング 32T 37g
BB シマノ SM-BB70  90g
スペーサー レースフェイス レトロフィットスペーサー 9g
ペダル  
スプロケ シマノ デオーレXT CS-M8000 11-46T  g
チェーン シマノ XTR CN-HG901  (257g)
ブレーキ前 シマノ デオーレXT BL-M8000・BR-M8000 ホース70cm 252g
ブレーキ後 シマノ デオーレXT BL-M8000・BR-M8000 ホース130cm 266g
マウントアダプター前 シマノ XTR SM-MA90-F180P/P 32g
マウントアダプター後 シマノ XTR SM-MA90-R160P/S 25g
ローター前 シマノ デオーレXT SM-RT81-M 180mm 6穴 アイステック 133g
ローター後 シマノ デオーレXT SM-RT81-S 160mm 6穴 アイステック 114g
バー レースフェイス ネクスト 700mm  127g
ステム スパンク スパイク 35mm 158g
グリップ レースフェイス スナイパーロックオン 108g
ヘッドパーツ クリスキング インセット7  (171g)
シートポスト イーストン ヘイブン 30.9 125mmドロップ415mm  573g
サドル チャージ スツール  280g
シートクランプ ヌークプルーフ ウォーヘッド 34.9  30g




フォーク

クロモズ275は120mmフォークで設計されている。
最近ではトレイルライド用は140mmが標準になっていて、120mmだとクロカン寄りになってしまう。
120/140mm可変のトレイルライド用フォークが欲しいと思ってしばらく物色して、ぴったりの34タラスをヤフオクで落札したが、届いてみたら出品者の勘違いで110/140mmだった。
しかし、調べてみたらショート側ストロークを伸ばすスペーサーがあるとのことで、取り寄せた。

ホイール

デオーレXTのトレイルモデルにしようと思ってたが、M780系の価格のつもりでいたが大幅に価格が上がっていた。
最近はリムの値段も高くて、都心はホイール組みの工賃も高いし、手組みも結構するなあと悩んでたら、イーストンのセール品を見つけて購入。

タイヤ

太さ2.2程度で、重量が軽く、転がり抵抗が低そうなものを探した。
使ったことが無いけど気になるコンチネンタルにした。
2.2の表記だが、思ったより細かった。

変速系

基本M8000系のデオーレXTで1×11。

クランク

超ショートチェーンステイのため、チェーンリングのクリアランスが厳しいフレーム。
サモさんは、68/73mmBBに、83mmBB用のクランクをスペーサーを入れて32Tのチェーンリングを使っていた。
現物で検証したところ、PCD104mmの30Tは内側にオフセットしているのでチェーンステイに干渉するが、正規のセンター位置ならいける。さらにチェーンリングが3mm外側にオフセットしたブースト用ならよりクリアランスが稼げる。
と思っていたら、クランクアームがかすかにチェーンステイに当たっていた。
68/73mmBB用クランクのQファクターは基本170mmらしく、それより広いものは見つけられなかった。
チェーンラインが狂うので避けたかったが、サモさん同様、83mmBB用クランクにスペーサーを入れることにした。

クランクアーム
レースフェイスにしたかったが、モデルチェンジでスピンドルが30mmになっていて、スペーサーが使えない。旧型の在庫を探したが見つけられなかった。シマノのZEEは見た目が気に入らず、そこまでの剛性や見た目のゴツさはいらなかったんだけど特価のものを見つけたのでセイントになった。

スペーサー
レースフェイスから出ている。
内径24mm、厚さ5mmのスペーサー3枚。
73mm→83mmなので、5mm2枚なのかと思っていたが、83mmBBは68mmBBのように2.5mmのスペーサーをはさむので、実質BBシェル幅88mmなのだった。
初めて知ったけど、考えて見れば83mmBBはエンド幅150mm用の規格なので、135mm用の規格と比べて15mm広いのは当然だ。
5mmのスペーサー3枚なので、片方に1枚(5mm)、もう片方に2枚(10mm)となり偏る。なんで7.5mmずつじゃないんだろうか。
チェーンラインの狂いができるだけ少なくなるよう、右に1枚にした。

チェーンリング
30Tか32Tかで迷った。
30Tは内側にオフセットするのでチェーンラインを正しい位置に近づく。しかし、表からチェーンリングボルトで止めるのでボルトが見える。
32Tは、裏からボルト、表にセイント純正化粧ナットで止めるので見た目がすっきり。
見た目を重視して32Tにした。
レースフェイスのナローワイド。
ローギアに入れると、チェーンラインがとても斜めって、チェーンとチェーンリングの歯がカチャカチャ鳴る。やっぱり30Tのほうが良かったかな・・・。

ブレーキ

変速系と同じく、M8000系のデオーレXT。

マウントアダプター
スタンダードとXTR(肉抜きされてる)があるのを初めて知った。100円ちょっとの差なのでXTR。

ローター
6穴のアイステックローター。前は180mmにした。


ハンドルバー

最初は、手持ちのレースフェイスのカーボンフラットバーで組んだが、乗ってみたらポジションがおかしくて却下。
BB上がりがあるので、フラットバーだとハンドルバーの位置が低く近くなりすぎる。
クロモズに使っている2インチ(50mm)ライズのライザーバーをつけてみたらしっくりきた。
ハンドルバーはカーボンが良いけど、50mmライズのカーボンバーはなかなか見当たらない。
フォークが今は110mmだが、120mmに伸ばすので、40mmで大丈夫かな。


ステム

スタンダードに50mmか、35mmか迷ったが、サモさんが35mmなので35mmに。
黄緑アルマイトの35mmステムはあまり選択肢が無く、一番軽かったスパンクのスパイクにした。


ヘッドパーツ

前に限定であったアップルグリーンのクリスキングは手に入らなかったので、もっと安いヘッドパーツでも良いかなとも思ったけど、結局クリスキングにした。











































#ref error : ファイルが見つかりません ()

#ref error : ファイルが見つかりません ()


#ref error : ファイルが見つかりません ()


#ref error : ファイルが見つかりません ()


#ref error : ファイルが見つかりません ()


#ref error : ファイルが見つかりません ()




関連項目




この項目のタグ


タグ「雑記」「」がついた項目
2014-08-10/家族キャンプ用の道具 / 2015-02-05/26インチハードテイルにリジッドフォークとフロント29インチ / 2015-02-27/ジキルを10速化したい / 2015-06-11/27.5インチオールマウンテンハードテイル / 2015-06-23/ジキルを11速化したい / 2015-08-14/M8000系XT購入検討 / 2015-09-15/DeNAとブルックリンマシンワークスのコラボ自転車 / 2015-10-06/ジキル11速化による重量の変化 / 2015-10-07/チャイルドトレーラー / 2015-12-14/16インチキッズバイク / 2015-12-26/サイクルキャリア / 2016-06-15/この春買ったアウトドア用品 / 2016-06-24/ロングテイルバイクが欲しい / 2016-10-07/家族キャンプ用の道具 / 2016-11-30/自転車の道路横断 / 2016-12-31/2016年を振り返って / 2017-01-08/OGKのリアチャイルドシート / 2017-02-11/クロモズ275のカラーリング






  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE