おたぐり




長野県飯田市郷土料理
馬の腸を煮込んだもの。

名前の由来は、下ごしらえをする際に、20m以上ある馬の腸をたぐりながら洗ったことから。


明治時代後半から食べられ始め、肉は高価だが、これなら安いので次第に広まった。
食堂や小売で、馬の煮付けと呼んでいたが、鯉の煮付けと区別するため「おたぐり」と名づけた。

現在、国内で馬の内臓を食べる習慣があるのは、長野・熊本・滋賀・奈良・山梨・北海道の一部。
また、馬刺を食べる習慣は、かつては熊本と伊那谷だけだった。


関連項目


















  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE