ワークショップ


1920年ごろにアメリカのJ.L.モレノが臨床心理学の一手法として考案したもの。今日では「体験型の講座」を指すことが多い。本来作業場や工房を意味する語である。

ファシリテーターと呼ばれる司会進行役の人が、参加者が自発的に作業をする環境を整え、参加者全員が体験するものとして運営されることがポピュラーな方法である。

問題解決やトレーニングの手法として、近年は企業研修や住民参加型まちづくりによく用いられている。
主に都市計画やまちづくりの分野でワークショップが取り入れられるようになったのは、1960年代の環境プランナー ローレンス・ハルブリンがテイクパート・プロセスとしてワークショップを用いたことがきっかけである。

まちづくりワークショップ

住民が中心になって地域の課題を解決しようとする場合に、ワークショップの手法がよく用いられる。
しかし、漠然と集まって話合いを重ねても、中々進展がないため、コンサルタント業の人物が関わって課題を整理したり、助言を行う場合も多い。

ワークショップの効果として期待されているものに、参加者同士の体験共有、意見表出、創造表現、意見集約その他のコミュニケーションを深めることが期待されており、地方自治分野では市民間の合意形成のスタイルとしても注目されつつある。



関連項目


  
 

ピロペディア













自転車


野外活動


建築


食べ物


牛込生活


リンク


  • 自己紹介
  • 雑記
  • 雑学


用語集


ページ一覧(更新順)
アクセス数上位ページ


カウンター
-
- (今日)
- (昨日)


管理用


WIGGLE