あらすじ/公式オンラインセッション/猫相撲選手権大会

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

猫相撲選手権大会


使用Ver.:Ver.2.5
サプリメント:神々の宴



参加者(敬称略)

  • 雨中(PC名 雨忠耕祐 )
  • 鷹月(PC名 弓塚佑)
  • なかだい(PC名 牛森 鎮守)
  • 伯牙(PC名 鷺坂祐介)
  • ヒオ(PC名 風人 )



ゲーム1

目的



M*猫相撲で優勝する:難易度不定:判定単位100:制限時間10分(3試合)試合終了:1ターン3分:難易度決定の前提 3分(つまり1ターン)、日本人+猫の場合:抽出条件は猫を相撲させるもの

勝利条件はあいてより多くの成功要素を抽出させ、結果としてより高い達成値を出すこと
土俵わったり大声出したりしたら反則。猫を人間が攻撃しても反則。
両者失敗ではリングアウト引き分けです。

ゲーム2

目的

M*自分の飼い猫を捕まえる:難易度5:判定単位100:制限時間不明:1ターンのタイムスケール不明:難易度決定の前提 猫を捕まえる場合:抽出条件は猫を捕まえるのに合いそうなもの。
(資料が無いので、穴埋めのようにして書きました。不備があった場合、補足をお願いします)




あらすじ


 猫が、働く日が。ある。
 それも、今日である。
 この日ばかりは猫も目を大きく開けて、ふぎゃーと熱心になる。
 もっとも、長くは続かないのだが。
 今日は、猫相撲選手権大会の日である。
 どういう祭だかよく分からないが、大昔からこの地方では猫の一番を競う。 まあ蜘蛛で相撲する土地もあるのだから、かわいいほうなのかもしれない。
 みなさんは、それぞれ目を輝かせて耳を立てている飼い猫を抱いて、ここまでやってきた。
 今日勝てば、猫の神様からありがたい贈り物をくれると、言い伝えがある。

 ここは境内で、みなさんは境内の真ん中、本殿からよく見えるところに小さな土俵があります。


 そこには遠方からの見物客も含めて大勢がきており、 本殿の、いつもは賽銭箱がおいてあるところに、紫の座布団がおいてあります。

 エントリーしたのは、トック(雨中)、タマキ(鷹月)、ホープ(伯牙)月火陽(ヒオ)、マリン(なかだい)、ブータ(善行・・・恐らく)

第一試合:タマキ×マリン

結果:マリンちゃんはタマキの顔を見た瞬間に貴方の腕の中に走って戻っていってしまいました。
タマキ勝ち抜き

芝村@SDR2 : どうでしょう、解説の芝村さん?

鷹月@弓塚佑 : 来てんのか芝村!?

芝村@SDR2 : 舞:「うむ、猫は……よい」

第二試合:トック×月火陽

結果:またたびを嗅いで、トックは酔ってしまった。
月火陽勝ち抜き

第三試合:ホープ×ブータ

結果:試合の形容は無かった。ただし、伯牙さんが物凄い出目(5D6 → 6 + 5 + 6 + 2 + 6 = 25)をだし、勝利

芝村@SDR2 : 貴方は史上最強の生き物(笑) 根源力12万でドラゴン3匹分のブータに……

ホープ勝ち抜き

(一方、周りは・・・)
芝村@SDR2 : 貴方の対戦相手はヘンな頭の形をした眼鏡の人です。鏡を指で押しています。
芝村@SDR2 : いいんちょがんばれー! という声が聞こえます。
芝村@SDR2 : 対戦相手は大猫です。
芝村@SDR2 : 赤いちゃんちゃんこをつけています。
芝村@SDR2 : 虎毛のすんごいごっついやつです。「読んだ?」って顔してます。

芝村@SDR2 : ちなみに小さい子を背の高い金髪にいちゃんがだきあげて、試合が見えるようにしています。

鷹月@弓塚佑 : …茜?だったりしてな。

芝村@SDR2 : すばらしい筋肉です。

なかだい@牛森鎮守 : 全員で応援に来てるんでしょうか>背の高い金髪にいちゃん

鷹月@弓塚佑 : …あぁ。何でそっちが浮かばなかったんだw

芝村@SDR2 : さあどうでしょうね(笑)>なかだいさん

鷹月@弓塚佑 : そう言えば、芝村嬢はどんな感じしてますか?ライバル視して猫を抱きながら見てるんですが。>SD

芝村@SDR2 : 舞は遠くの解説席から見てますね。近づくと猫が逃げると信じてるようです。

芝村@SDR2 : 隣に、いやな汗をかいた青い髪のイケメンがいます


ハプニング

 ここで、神社の境内の中に一匹の犬が迷いこみます。
 境内は騒然となり、猫たちはパニックで逃げてしまいます。

 騒動がひと段落すると、猫の多くは協定違反だと怒っており、犬をぶちころせと声をあげています。
 しかし、プレイヤーの中で猫がしゃべってるのが分かる人はいなかったので、ただ猫が騒いでるだけにしか聞こえません。

 ここで選択肢が出ます。
A.隣のテーブルの犬どもに攻撃
B.このまま決勝戦で鷹の字と対決

 満場一致で、Bになりました。

ゲーム1に戻る


準決勝:月火陽×?
結果:月火陽の不戦勝

準決勝:ホープ×タマキ
結果:僅差でタマキが勝利。

ヒオさんの離脱

 ヒオさんは先ほどの騒動の原因である犬を追いかけます。
 ヒオさん犬を動かせへ移動。

決勝戦:タマキ×月火陽
結果:月火陽(ヒオさん離脱)により、不戦勝


優勝・そして願い事

芝村@SDR2 : 貴方は紫の座布団の前にたたされます。

芝村@SDR2 : 座布団の上には見えませんが、なにかいるような気がします。

芝村@SDR2 : ”願い事をいいなさい”

鷹月@弓塚佑 : 震える声で言います。「…ゆ、弓塚家は、ぼ、没落し、してしまいまし…たっ…。理由は、し、知らされておりません…けれど…も、再興をしたいのです、弓塚家の…だ、だから」

鷹月@弓塚佑 : 「き、機会を!お願いします!機会を!必ずや試練に打ち勝ってみせます!だから!当代1の猫使いの盟主である芝村家との対戦の場を!」

芝村@SDR2 : ”よかろう”

芝村@SDR2 : ちなみに最強の猫使いはいつも下向いてる女の子です。黒い服を着ています。

芝村@SDR2 : 連れている猫は目つきの悪い黒猫で、尻尾が二股にわ かれています。

鷹月@弓塚佑 : 「…こんにちわ。」

芝村@SDR2 : 石津:「……はやく、はじめましょう」

芝村@SDR2 : では今日最後の特別ゲームです。 背景が歪み始め、周囲のなにもかもが星の中で浮かんでいます。

鷹月@弓塚佑 : 「…綺麗だ。」

芝村@SDR2 : 猫使いの少女はなにやら長い歌のようなものを詠唱しています。

雪辱戦:タマキ×ハンニバル
結果:魔法の詠唱・・・歌合戦となるが、弓塚 佑はその難しさに舌を噛んでしまい敗北した。

芝村@SDR2 : 猫使いの少女は、少しだけクスっと笑って、身を翻します。

芝村@SDR2 : 「いくわ、ハンニバル」

芝村@SDR2 : ハンニバルという黒猫は、貴方の肩を猫の手でぽんぽんたたくと、どこかにいってしまいました。

芝村@SDR2 : ではゲーム終了です。お疲れ様でした。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|