あらすじ/公式掲示板ゲーム/ウォードレスダンサー学園

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウォードレスダンサー学園(うぉーどれすだんさーがくえん)


使用Ver.:Ver.2.5
サプリメント:ウォードレス、日常編
レベル:おそらくキュート
出展1

あらすじ


ウォードレスダンサーは専門知識の塊である。
だから、それなりの教育機関がいる。

警察、陸軍、海兵隊が共同で作り上げた学校が、
ダンサースクールこと”開明高校”
である。男女共学を建前にしてはいるが、やはり
男性が9割で、中には大学卒業後、教育のために
送り込まれている者もいる。




ゲーム1 拳銃の分解をしよう


あらすじ


ウォードレスの学校といっても、1年目は普通の学校と、
余り変わることはない。

だが夏休みを越えたあたりから、ちょくちょく
特殊な課題が増え始めることになる。

その最初の授業は、拳銃(ハンドガン)の分解と組み立てだ。
クーラーが壊れて窓全開、カーテンが風に揺れている。

窓の外に見えるグラウンドではワカミヤ先生が水をホースでまきながら学生達を走らせている。

藤島先生:「よし、じゃあ銃の分解をやろうかね」
「安心せい。弾ははいっとらんから、失敗しても死なん」

目的


拳銃の分解と組み立て 難易度 3

参加者(敬称略)




ゲーム2 射撃訓練


あらすじ


9月も半ばを過ぎる頃、
はじめてシューティングレンジで拳銃を撃つことになった。
耳がバカになるといけないということで耳当てをし、民間のシューティングレンジと違う、減装されていない通常の弾薬を使って射撃する。

銃は45口径、弾は20発だ。
的中央への命中率よりも集弾率を重視しろと、ワカミヤ教官は言う。

目的


練習射撃してワカミヤ教官に褒められる 難易度 5(単に合格するだけなら3)

参加者(敬称略)




ゲーム3 ウォードレス5km競争


あらすじ


ウォードレスで走る。
 簡単なように見えて、案外難しいものである。
なにしろ生身と違ってひどく筋力が強化されているため、勝手が狂って転倒するものが続出する。

その上、角度の違いもある。
ウォードレスの足は人間が動かした足よりも大きく足を動かす。
その角度はちょうど倍であり、なれてないないとこれまた転倒する。
力を入れてしまうと骨折することもある。

この上銃を射撃しなければならないのだから、ウォードレス兵というのは、歩兵同様の運用するわりには、ずいぶん訓練が必要になる。

 あなたはウォードレスを着用し、これからはじめて教室よりも広い空間を走ることになる。グラウンド、1周250mを20周するという課題だ。

 はたしてうまく、走ることはできるのだろうか。

ゼンギョウ校長:「今年は何人生き残りますか」
ワカミヤ:「さあ、一人でも多く、生き残ってほしいものですが……」

目的


5kmを完走する 難易度 5

参加者(敬称略)




ゲーム4 ターゲットはキメラ


あらすじ


キメラという、幻獣がいる。
大きさは9mほど、色は黒く、3つの頭があるように見える。
武器はレーザーである。

 第3次防衛戦争で出てきたこの幻獣が、今回の練習相手である。
といっても、はりぼてである。ダミーバルーンという。

 貴方はウォードレスを着て、12、7mmの機関銃を持って迷路のような陣地を駆け抜け、至近距離からこのバルーンを叩き割らなければいけない。

キメラの位置にはワカミヤが狙撃銃を持って立っており、狙ってくる。

ちなみに5.56mmの豆鉄砲だが実弾が入っており(さすがに不正回転はしないが)打ち抜かれると退学になる。

 なお、この任務が終わった後は駆け足で学園祭の準備を行うことになっている焼きそばパンの屋台を作ることになっているらしい…

目的


バルーンを叩き割る 難易度 25

参加者(敬称略)




ゲーム5 やきそばの日


あらすじ


ウォードレスの学校にも学祭はある。
すこぶる実用的な学校なので、なんでそんなものがあるのかとそう言う意見もあるが、まあ、たまには息抜きである。

本日はクラスで焼きそばの露店を開くことになった。
しかし、学校生活も長くなり皆もいい感じで世俗から離れて硝煙くさくなっている。

はたしてうまく焼きそばを作れるのだろうか?


目的


行列が出来る焼きそばを作る 難易度5
このゲームではゲーム4のデータをそのまま使ってゲームを行います。再エントリーは認めません。

なお、失敗時のペナルティはないので、楽しんでゲームを遊んでみてください。それではどうぞ。


参加者(敬称略)




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|