※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

当身(あてみ)


Ver.3より見られるようになった戦術?

ストロングスタイルを実現させるための手筋の一つ。
受動判定?時に行う。
敵の提示した成功要素を想定し、既に確定した難易度の元となる抽出済み成功要素に対して崩しをかけて受動?判定の難易度を落とす、ないし0にする行動を受動?判定の行動宣言に盛り込むこと。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|