※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ケンブリッジ大ミュラー教授による公共選択、公共選択はブキャナンなどの立憲政治経済学なども有名であるが、この本では満遍なく公共選択の世界を紹介している。ミクロ・マクロ経済学の知識も必要





まだ読みかけ中です。ただ政治とマクロ経済政策との関連はなんとしても大学在学中に深めたい。






ニクソン政権において国家安全保障担当大統領補佐官として活躍したH・キッシンジャーの外交史教科書、上下巻の膨大な量になるが政治学・国際関係を学ぶものにとっては欠かせない名著である。





加藤寛千葉商科大学長ほか、加藤さんはよくテレビで拝見していたが「何やってる人なんだろう」と思っていた。大学に入ってようやく分かった。日本では公共選択はあまり盛んではないと思うのだが、やはり教育でのイデオロギー支配の弊害なのだろうか?





#amazon plugin Error : amazonは1ページに5つまでしか使えません。別ページでご利用ください。
高校の時から何度も読んだ本、詳説世界史の方が教科書としてはメジャーです。この本は更に世界史について”詳説”しています。これ一冊でもかなりおなかいっぱいです。






#amazon plugin Error : amazonは1ページに5つまでしか使えません。別ページでご利用ください。

#amazon plugin Error : amazonは1ページに5つまでしか使えません。別ページでご利用ください。