※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
お掃除のアイテム
 (1)重曹  (2)お酢  (3)アクリル毛糸  (4)炭酸水  (5)せっけん
掃除の裏技
 ■酸性の汚れに対しては、アルカリ性の性質を持つ重曹を使用
 ■アルカリ性の汚れに対しては、酸性の性質を持つお酢を使用

 使用するアイテム   *せっけん *酢 *炭酸水

 □網戸
  1.布でホコリを払う。(雑巾でも可)
  2.ブラシにせっけんを泡立て、汚れが逆流しないように上から下に擦っていく。
  3.擦った部分に残ったせっけんの泡に、酢のスプレーを吹きかける。
  4.布で拭く。
  ポイント:アルカリ性のせっけんの泡に酸性の酢をかけることで、
        泡がみるみるうちになくなる。
        ※酢は水と1:1で割ったものを使う。
        ※窓に酢がかかってしまうため、最初にホコリを取っておくことが重要!
 □窓
  1.布でホコリを払う。
  2.ブラシにせっけんを泡立て、汚れが逆流しないように上から下に擦っていく。
  3.炭酸水を吹きかけて、布で拭く。
  ポイント:普通の水だと、拭いた後も白い水の跡が残りがちだが、炭酸水であれば、
        発泡しているため乾きが速く、跡が残りにくい。





 使用するアイテム  *重曹  *アクリル毛糸  *酢

 ★水周りの主な汚れ・・・『カビ』
   アクリル毛糸で作った、たわしに水をつけ、重曹を振りかけて汚れを擦る。
   アルカリ性に弱いカビは、アルカリ性質の重曹によりすぐなくなる。
   ※アクリルたわしの作り方 ~ 指に毛糸を巻き付けポンポンの要領で作る。
     排水口の掃除→排水口に重曹を多めに入れて、酢の原液を流すことで泡立ち、
     その泡が排水口の中のヘドロや臭いを分解する。





 使用するアイテム  *重曹  *せっけん  *アクリル毛糸  *酢

 ★キッチンの主な汚れは『油汚れ』
   1.アクリルたわしに水をつけ、せっけんと重曹を加える。
   2.油を擦る
   3.酢を吹きかける
   4.布で拭く
   ※油汚れの性質は「脂肪酸」。
     その脂肪酸にアルカリ性の重曹とせっけん入りのたわしで擦ると、
     酸がアルカリ性に中和されて、油汚れがなくなる。
   ※魚グリルの頑固な油汚れも、これでイチコロ!



カテゴリ: [掃除] - &trackback- 2005年12月03日 20:05:00

#blognavi
  

更新履歴

取得中です。