属性別戦術


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

属性ごとの戦術をまとめてみる。

地の神

序盤

造成しつつ、サイコパワーがたまり次第地震を使う。特にcom相手には地震が有効なため、多用する。
地震の復旧には割と時間がかかるため、その隙に造成を行えば消費したサイコパワーはすぐ回復出来る。

中盤

地震による牽制は続け、相手の陣地に確実に被害を与えていく。互いの前線が衝突し始めたら、敵前線を地震で崩して造成で
沈めると言った小技も可能。
そろそろ本陣近くでは信者があふれてくるので、こちらが有利なようなら合体させて戦士にし、何体か送り込もう。
ゲンキは多い方が良いがそこまで強化する必要は無い。
敵の戦士には沼で対処。集合し始めたところに決まればなかなか爽快。

終盤

隕石による一撃は確実性と破壊力を併せ持つ。サイコパワーがあるようならゲンキの高い敵信者を見つけて落としても良い。
(ただし沼で十分なときも多いので、サイコパワーの節約のためにも使いどころは考えたい)
自分からハルマゲドンを使うならゲンキゲージが十分に上回ってから。時間切れで決めるなら直前に敵陣に沼を連発して罠をはる。

火の神

序盤

増えにくい上に死にやすく、序盤を乗り切れるかが大きな鍵となる。最初は戦力ゲージが負けていても仕方ない。
必然的に家を建てる速度も遅くなるため、序盤は奇跡を使わず、ひたすら造成に専念しよう。
敵陣が固まって来たら一、二度火柱で牽制しても良い。城と城の隙間の領土やそこに生えている木を狙うと延焼しやすい。

中盤

サイコパワーの安定供給ができるようになったら、火柱を連打して相手の陣地を焼き払う。うまく広域が焼けてくれれば
一気に逆転出来るだろう。
戦闘では最強なので前線の小競り合いで押し込まれることはほぼ無い。心配なら戦炎で強化しよう。
信者が確保出来るなら戦炎+戦士のコンボで一気に攻勢に出る。十分強い状態で送り込めば勝手に敵陣を焼き払ってくれるだろう。
敵の戦士は作られる前に火柱でリーダーを焼いたり、火山で焼き殺したりして対処。間に合わなければ信者を集合させて一気に潰す。
戦闘力の高さ故にどの神よりもこの方法が有効。

終盤

戦力比が半分もあれば途中に沼系の罠をはられてもいない限りだいたい勝てるので、ハルマゲドンで決着を付ける。
ただし死にやすいため自軍の拠点が中央からはなれているときは注意。
やや劣勢なら、敵陣に火山を連打して逆転を狙う。これをやるサイコパワーすらないならもはや厳しいが、火柱でちまちま戦おう。
なお、「本陣を崩されるともろい」ことは常に頭に入れておくこと。

水の神

序盤

雨は積極的に使い、増えた信者を追い出して家を建てさせる。増えやすく死ににくいので追い出しは積極的に行おう。
序盤は焦って攻めず、サイコパワーの確保に力を注ぐのが吉。

中盤

ここで戦術が二通りに分かれる。いずれも戦士は使う。
敵戦士には泉で対処出来るので問題ない。
①雨多用型
雨で増え、あふれて来た信者たちを合体させていれば強い信者は割と簡単に出来る。それを確実に戦士にしていく方法。
リーダーを作るとき以外は命令は「合体」が有効。あふれた信者とくっつきやすくなるため集合の手間が省け、効率も良くなる。
さらには戦士が寝返らせた信者も死ににくくなるほか、ちゃんと家も建ててくれる。
確実性があり使いやすいがやや攻めが遅くなるのが難点。また雨を消してくる突風にも注意。
②洗脳泉奇襲型
自軍にリーダーがいない時、
「敵陣に洗脳泉」→「寝返った信者たちを集合させる」→「戦士化」のコンボで奇襲攻撃ができる。
後は合体命令にしておけば内部から敵本陣を制圧出来るので非常に楽な戦いになる。
難点はリーダーの不在が必要なこと、やや確実性に欠けること、強すぎて面白みがなくなることである。

終盤

どちらの戦術を選んでも最終的にはハルマゲドンでの決着となる。攻撃力が低いため戦力比が十分に上回ってから使うこと。
時間切れ間際なら洗脳泉を連打すれば逆転も可能。
津波はそこまで強力な訳ではないが、自陣を削って海を作ったり敵本陣の裏側から使ったりといろいろな攻め方ができる。
最後の追い打ちに使おう。また溶岩マップでは一撃必殺の奇跡となる。

風の神

序盤

火属性と同じく増えにくいので序盤はやや厳しい。死ににくさを活かして積極的な追い出しを行い、領土を確実に広げていこう。
突風が使えるようになったらまずは味方に使い進軍する。手早く相手に接近したいならジグザグに使うと良い。

中盤

戦士を作って送り込むことになるのだが、その特性上さほど強化する必要は無い(ゲンキストック1〜2個が目安)。送り込むのにも突風を使う。
この戦士は家を襲ったときに平地を残すため、味方信者と一緒に送れば制圧出来る。
敵の戦士は突風で追い返したり竜巻を集中させたりと多彩な対処法があるのでさして脅威ではない。

終盤

隙あらば台風→突風で大攻勢に出る。台風の効果範囲は全奇跡中最大といえ、敵陣のほぼすべてをリセットできる。
ここに突風で味方を送り込んで制圧すれば、敵はほとんど抵抗出来ない。
また、死ににくく攻撃力もそれなりにあるのでハルマゲドンには強い。頃合いを見て決めよう。

木の神

序盤

増えやすいので序盤は楽。永続効果の花を使いつつ、造成に専念。人が増えやすいのでサイコパワーには困らない。

中盤

本陣近くでは信者があふれてくる。合体させて戦士作りの準備にはいろう。集合させている間はキノコで時間を稼ぐ。
戦士は勝手に分裂してくれるのでなるべく強化してから作ろう。

終盤

戦士の量産に成功すれば攻撃要員には困らないので、後は相手の本陣に被害を与え優位を大きくしていく。
「ウィルス」→「敵が感染した家を壊す」→「できた平地にキノコ」のコンボで敵の領土を削れる。
攻撃力が低く死にやすいのでハルマゲドンにきわめて弱い。しっかり優位を固めてから使うこと。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。