PS2版 機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.@Wiki ランチャーストライク

ランチャーストライクガンダム


正式名称:GAT-X105+AQM/E-X03 LAUNCHER STRIKE  通称:Lスト
コスト:☆3.5(450)  耐久力:630  盾:×  変形:×
名称 弾数 威力 備考
射撃 アグニ 1 175 高威力だが隙も大きい
CS アグニ 255 左右に手動で曲げれる
サブ射撃 イーゲルシュテルン 80 24 頭部バルカン
N格闘 ガンランチャー 6 104 2連ミサイル。高誘導で当てやすい
特殊格闘 肩部対艦バルカン砲 80 83 イーゲルシュテルンと弾共用

【更新履歴】

1/23 頭部バルカンと対艦バルカン砲に追記
1/11 全体的に細かい点を修正。
12/4 アグニとガンランチャーに追記。
11/6 ガンランチャーにちょっと追加。
   ガンランチャーに追記と肩バルカン加筆しました。
11/5 誤字や細かい所を訂正しました
11/4 だいぶ古い情報もあったため大幅にレイアウトや情報を変更しました

解説&攻略:
武装が射撃武器のみで格闘のない射撃特化機体。
機動性はBD持続、BD速度共に若干悪い。

威力の高いメイン射撃のアグニを主なダメージソースとし、誘導性の高いガンランチャーや牽制、自衛用の各種バルカンを混ぜて戦おう。

1on1では足の止まる武装ばかりなのでまず活躍できず、片追いされるとほぼなにもできないが、2on2でうまく援護に立ち回れば大きな活躍が期待できる。

320mm超高インパルス砲アグニ(メイン射撃)

Lストライクの主武装。当てれば175と高威力で強制ダウン。ステップ中や空中で発射すると地上で撃つ時より隙が大きくブーストゲージを消費してしまう。
装弾数は1発で連射は不可能、リロード時間は約2.5秒。

硬直が最も少ない地上で撃っても結構硬直がある。また射出も遅いため相手に読まれていると簡単に避けられて反撃をもらってしまう。
しかし重要なLストのダメージソースでありLストを使うのならまずはこのアグニを知る事から始めよう。
また、高飛び着地狙いアグニは命中率がいい訳でもない上に、隙だらけなので格好の的もしくはその間の多大な隙をつかれ相方が敵二機に追われる形となるためお勧めできない。むしろ、もし高跳びから何かを狙うのであればこの後記述があるガンランチャーがお勧め。

覚醒時は威力が228と驚異的に上がり、さらにリロード速度も上昇する。確定状況で覚醒してダメージを一気に奪おう。

銃口補正と銃身の長さを生かした接射は強烈ではあるのだが、ステップなどで容易に誘導を切り回避することが可能で、その後はどんな反撃でもほぼ確定でもらってしまう。相手のBD始動など隙を突いて狙おう。旧作のハイメガや180mmキャノンのようなお手軽に接射という利用法は無理なのので無闇やたらに敵に接近していくのはまずい戦法と言わざるをえないだろう。
普段はあくまで着地硬直などの確定時に撃ち込む時に使いその他の使い道としては闇討ちなど安全なときの使用にとどめておこう。

<小技>
地上でステップしている時に射撃をすると空中で撃ってしまうため隙が大きくなってしまう。ここでステップ→ジャンプボタン→すぐに射撃ボタン(ずらし押しで安定)とすると地上で撃てるので隙が少ない!
これはガンランチャーでも使える技なので是非。

350mmガンランチャー(格闘)

格闘ボタンで出るガンランチャーは、Lストの主力兵器といっても過言ではない重要度を誇っている。
特性をあげれば誘導性能がかなり優れていて、ガンランチャーヒットからアグニのコンボが繋がるため総合の威力は高いといえる。

ガンランチャー→アグニ:威力185
ガンランチャー→ガンランチャー:威力145
覚醒時ガンランチャー→アグニ:威力237

アグニに比べれば隙はかなり少なく、中距離からこの兵器を発射しているだけでもそれなりに敵にプレッシャーを与える事が可能となっている。
実弾系であるため、当然各種射撃で相殺されるが軌道が孤を描くため、敵側も狙って撃ち落とすのは案外困難であったりする。
また、この武装もアグニと同様に地上で撃ったほうが空中やステップ中に撃つより隙が少ない。アグニの<小技>もこの武装でも適用される。

欠点としては、まずリロードの遅さと一度に入る弾薬の少なさがネック。
表記では6発弾薬があるのだが一度に2発ずつ発射するため、実質3発である。リロード時間は約5秒であり、ある程度考えて撃たなくてはならない。
また、アグニよりは隙が少ないが、BDや空中から撃ってもその瞬間に自由落下を始めてしまうため着地する場所に障害物がある時以外乱用はかえって危険。簡単に着地硬直をとられてしまう。

使い方としてはステップキャンセルずらし撃ちで攻撃を回避しつつ地上でガンランチャーをバラ撒きながらガンランチャー→アグニ(コンボヒット)やガンランチャー→ガンランチャー(コンボヒット)、相方とのクロスを狙い、ダウンを取って行くのが良い。

また、ほどよい高跳び(ブーストゲージ半分ほど消費)から発射をすると着地ギリギリのところでBDやステップ動作が可能となるため簡単に着地をとられる事を防ぐ事が可能となっている。
当然、こればかりをやっていると相方への負担が大きくなってしまうのでバルカンでアラートを常に光らせておく、時にはフェイントで接射アグニを狙いにいく
など様々な工夫を凝らしながらガンランチャーを活用していこう。

<小ねた>
建物の端などであと一歩うしろに下がったら落っこちるような状況でガンランチャーを発射すると、一発目の反動で機体が落下してしまいその時点で発射が中止されてしまうため、物陰に隠れつつランチャーを小出しにできる。
けれど、展開の早いこのゲームでそんな状況を一々作ってられるほど暇はないです、はい

頭部バルカン(サブ射撃)

対艦バルカン(肩部バルカン)と弾数共用。
イーゲルシュテルンは頭部に装備されているので相手に背を向けているとそのままあさっての方向に発射するのと、上下への射角が狭く上空にいる敵や逆に高跳び時に地上に発射しようとしても、水平に発射されてしまう。
威力は3×8の24と非常に低く、10数発当てないとよろけないため最後の削り以外ではダメージ源としての活用は厳しいがLスト唯一の足を止めないで撃つことのできる兵器であるため仕様頻度は決して低くない。

本来は望ましくはないのだが一対一の情況になった時のその場つなぎとしては有用であるしガンランチャーやアグニの嫌らしさを知っている相手ならば、Lスト側のアラートが光っただけでとりあえずきっちり回避を取らないとまずい事は承知しているはずのため相方をロックしてる敵にバルカンをおいておくだけでも、それなりの援護にはなりえる。
もちろん、時には本当にガンランチャーなどを混ぜてメリハリを演出しておいたほうが吉。

対艦バルカン(特殊格闘)

最強の兵器!!これだけで相手を制圧できるほどの力がある・・・・・のは続編の話。現実は厳しい。
対艦バルカンは頭部バルカンよりは威力はあるが、BD中だろうが空中だろうが動作を停止して自由落下の発射なので隙が若干大きめになっている。
3発ヒットでよろけが取れるが、全弾当ててもダウンは取れない。また発射後の誘導性が皆無であるため少々使いにくい。

発生が頭部バルカンを除いてこの機体では最速なのと、当たればまずよろけが取れるため使い道としては相手の格闘などの迎撃や、ステキャンずらし撃ちによる中距離での牽制など自衛的に使うのが最も良いだろう。
また、撃つとロックした相手を向くため自由落下中に数発撃ちこむことで相手方向を向きながら着地することができる。

蛇足になるが、BD中の対艦バルカンと通常時の対艦バルカンとでは
撃ちモーションが微妙に違う。暇があったら確認してみよう。

チャージアグニ(メイン射撃CS)

チャージしたアグニは約2.5秒発射し続け、上下軸は自動誘導しレバーを左右に動かす事でさらに左右に振り回す事が出来る(覚醒中は振り回し速度が大きくアップ)
距離をとって射出すれば基本的にステップで回避することは困難。
だが、ブーストで簡単に安全圏に逃げられる上、その間にBR一発でも撃たれれば
こちらが被弾確定なので、絶対そう易々とチャージアグニを使ってはいけない。
そもそも、発射までのラグが笑っちゃうぐらい大きく、さらに長時間動けないので
(相手が緑色のロックサイトでも)BRをおかれダメージもらい損になってしまうのが大抵のオチ。
それでも
「どうしてもチャージを使いたいんだ!」「グゥレイトォ!!!」
という諸兄諸姉に向け、どうにかして使えそうなシチュをいくつかピックアップ。

○覚醒とセットで使う
これがまだ実用的で現実的かもしれない。
覚醒時は物凄い勢いで曲げる事が可能なため、建物さえなければ非常に回避困難な状況をつくれる。
これを使って、
  • 終盤、落ちるのを防ぐために遠距離に逃げた敵に対して
  • 終盤、相方が落とされそうで片追いされてるけど覚醒しても追いつけなさそう…という時等に使える。
下の方は、全くかまって貰えなくなり距離が離れてしまったら結構有効。ただ、当然読まれて射撃をおかれてたりすると喰らい損+貴重な覚醒時間の無駄になりかねないで注意。

○開幕時、建物の影から発射する
あまりに長い射出時間を逆に利用した不意打ち的使用法。
ヘリオポリスなどの背の低い建物の後ろからチャージアグニを発射すると建物が崩れおちたあとでも、少しの間だけ敵に届くぐらいはアグニを撃ち続けられるので
隙をさらす時間を大幅に減らせる上、急に誘導してるアグニが来るため不意をつけることもあるので思わぬ開幕パンチを浴びせられる可能性もないことはない。

○敵の覚醒に合わせ撃つ
喰らいモーション時に覚醒を発動した際、バク宙のような形で受身をとるが
そのモーションが出るのを完全先読みで、あらかじめチャージを撃っておくと
受身の瞬間に直撃し、大ダメージ+覚醒の時間を浪費させられるという事が可能。
相方が体力半分ほどの相手と対峙していた時にチャージしておくとこんな状況もありえる。
が、これは浪漫の中の浪漫なので玄人にもお勧めできない…

○グーンいじめ
起き上がりに重ねる。グーン側は回避困難。

ちなみに、チャージゲージはボタンを放してもすぐに無くなる事は無いことを利用してチャージゲージが溜まるギリギリでボタン連打で通常のアグニを発射、溜めを再開しCS発射という小技がある。
通常よりはるかに短い時間で再発射するので、不意をつけない事はない…かもしれないが、バスターのQGと同じ感覚で使うとあまりの使い道の微妙さに地獄みえるのは確か。
しつこくなるが、やはり博打技・魅せ技の域はでないので絶対に多用は禁物。

その他戦術もろもろ

基本攻撃戦法は、バルカンをばら撒いてガンランチャー→アグニ、となる。
ただし、二発目のガンランチャーがヒットしないと距離次第で避けられるので注意。
またアグニは持っている手の位置の関係上(射出場所がライフル系より下のほうにある)ちょっとした丘の段差でも邪魔をされるので、少しでも無理かなと感じたら素直にガンランチャーをもう一回撃っておくと手堅く追加ダメージとダウンを取る事が可能。

とにかく、Lストの基本はガンランチャーの誘導性を相手にちらつかせ続ける事。ガンランチャー以外も使い、常に相手にアラートを点滅させプレッシャーをかけ続けていこう。

覚醒するタイミングはまずアグニが直撃する直前を覚えたい。相手は覚醒防御する間もなく228も耐久度を奪われるので終盤ではいきなり勝負をつけることができる。
倒しきれなかった場合などはガンランチャー乱射でもよい。当たったらアグニに繋いでダメージを取ろう。
CS直前に覚醒して曲げるのも奇襲としては良いが何度も使える手ではなく、読まれるとあっさり潰されるので気をつけよう。CS自体の威力は上がらない。
その他、防御用に覚醒を使うのも忘れてはならない。基本であるが、無理してあっさり落ちるよりも味方機を信じて回避に専念することも時に必要。

さらに、立ち回りでこれだけは抑えておかなければならないのは一対一厳禁ということ。
☆4つはもとより、同コスト帯、さらには☆3や☆2.5の機体相手にも完全タイマンな状況だと牽制できる武装が頭部バルカンだけなので苦戦必至。常に相方の援護が期待できる位置をキープしよう。
また、もしタイマンの状況を作られてしまったらバルカン以外では先に手をださずに相方の援護を信じて逃げ回り我慢すること。
焦って攻撃してもLストの攻撃は直視されてる近接距離では簡単に回避可能なものばかりなのであとは硬直をとられ、手痛い反撃をいただくだけだ。

放置された場合、地上でステップ→ブースト→すぐガンランチャーをばら撒くと相手は回避困難。隙も少なめなのである程度見られていても反撃はもらいにくい。ガンランチャーがヒットしたらアグニに繋ぎダメージを稼ごう。

さらに注意点としてLストは絶対先落ちはやってはいけない。機動性もエールやルージュより劣る上、片追いされたときに2機の敵をまともに捌ける武装が無いため、あっという間に最悪な状況になりかねない。

とっさにカットするのが意外に辛いので、片追いをさせない展開が望ましい。
常にお互いの体力を伝達しあい、おちるタイミングを考慮して動きまわること。

相手が変形機の場合、変形中に真横に付けば大体アグニが当たる。
特にレイダーにはボコスカ当たる。

ちなみに次回作である連ザⅡでは、明らかな厨機体と化している。
気軽にLストを扱いたいなら、今作をプレイしよう!

家庭用連ザⅡで一人でプレイする分には問題ないです。
たっぷり厨機体の素晴らしさを体感しよう!



以下作成中・・・・ - -