PS2版 機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.@Wiki ラミネート装甲

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラミネート装甲

オーブ連合首長国の協力を得て地球連合軍が開発した新技術。
連合軍所属アークエンジェル級戦艦に採用されている特殊装甲。
一部分で受けたビーム兵器の攻撃エネルギーを装甲全体(艦全体)に分散させ、排熱することで損傷を軽減する。
表面積が広ければ広いほど効率的になり、排熱に問題がなければ、ビーム兵器を無力化することができる。

MS及び戦艦の主兵装のビーム兵器化が進む中、ビームによる損傷を軽減出来るラミネート装甲を搭載する
アークエンジェル級は他の艦と比べると戦闘時に有利に戦える。
特に5機のGは対PS装甲搭載型MSとの戦闘を想定していたのか、ビーム兵器をメイン武器として所持していたため、
アークエンジェルに対し決定的なダメージを与えるのが難しかったのはこの装甲のお陰と言える。
さらに排熱が間に合う限りビーム兵器に対してはほぼ無敵となる。
しかし、排熱が間に合わなくなると装甲全体が致命的ダメージを受けるという欠点がある。
なお、マシンガンなどの熱を伴わない実弾による攻撃には通常の装甲と同様の防御力しかない。

ラミネート装甲はその後、改良が加えられ、105ダガーなどの地球連合軍製MSにフェイズシフト装甲の代わりとして使われている。
また、ザフトではフリーダムジャスティスのアンチビームシールドに使用されている。
ただし、表面積が狭いためアークエンジェルに搭載されているものよりは効果が低い。

装甲全体の温度が瞬時に均一になるという特性は確かに熱兵器には有効だが
規模の小さい物に施すと数発のビームで全身が溶融してしまい逆効果なのでは、というツッコミもよく入る。

レセップスの砲弾を受けた時ミリアリアが「ラミネート装甲の排熱が」と行っていたのは何故か?