PS2版 機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.@Wiki ビクトリア攻防戦

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ビクトリア攻防戦


【解説】
ビクトリア湖を干拓して造られた宇宙港とマスドライバーを巡って地球連合軍ザフトが三度に渡って行われた戦闘。

  • 第一次ビクトリア攻防戦
C.E.70年3月8日に起こった、ザフト軍の地上侵攻戦(食糧確保の目的もあり)。
初の軌道上からの地上降下作戦としてビクトリア宇宙港に侵攻した戦闘。しかし、地上戦力の支援が無かったためにザフトの敗退に終わった。
この他の敗因として地上戦の経験不足や降下部隊が対空砲火にさらされた事などが考えられる。
なお、この敗退を踏まえプラント評議会ではオペレーション・ウロボロスが採択されている。

  • 第二次ビクトリア攻防戦
プラント最高評議会のオペレーション・ウロボロスの見直しの圧力を受けて、アフリカ戦線が強化。C.E.71年2月13日にビクトリア宇宙港は陥落。翌日にプラントにて行われた血のバレンタイン追悼式典に花を添えることとなる。

  • 第三次ビクトリア攻防戦
C.E.71年6月18日、ユーラシア連邦を主力とした地球連合軍がザフト占領下のビクトリア宇宙港の奪還を目的とした戦闘。ストライクダガーの大量投入と、アラスカ戦以降のザフト地上軍の弱体化で戦況は連合軍有利に。基地は1週間後の6月25日に陥落。自爆装置が仕掛けられるも、寸前で特殊部隊の突入で阻止。連合はビクトリアを奪還し、以後ビクトリアは連合の主力宇宙港に。

なお、この戦闘で数種のダガーのバリエーション機体や新型試作機等も投入され、実戦評価される。