PS2版 機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.@Wiki カサブランカ沖海戦

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カサブランカ沖海戦


【解説】
アフリカ・モロッコ最大の都市カサブランカの沖にて地球連合・ザフトが二度に渡って行われた海戦。

  • 第一次カサブランカ沖海戦
C.E.70年5月25日、地球連合軍(ユーラシア連邦主力)の地中海艦隊とザフトのボズゴロフ級潜水母艦からなる潜水空母艦隊が衝突。この戦いで、水中用モビルスーツグーンが実戦初投入。

この戦いに勝利したザフトは地中海へ侵入。アフリカ北岸より侵攻開始。また、ジブラルタル基地建設開始。

  • 第二次カサブランカ沖海戦
C.E.71年7月24日、地球連合軍がジブラルタル基地に侵攻。カサブランカ沖にてグーンゾノの水中モビルスーツ部隊が、少数のフォビドゥン・ブルー、ディープ・フォビドゥンらにより壊滅状態に陥れられた。

これによりザフトは、地球軍の侵攻を防げなくなりジブラルタル基地を放棄せざるを得なくなり、ヨーロッパから撤退することになる。以後、戦局は大洋州方面に移行することとなる。