PS2版 機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.@Wiki ブルーコスモス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブルーコスモス

【解説】
コーディネイターに対する憎しみ、嫉妬、疑問、恐れ、劣等感から生まれた団体。
盟主はムルタ・アズラエル
スローガンは「青き清浄なる世界の為に」。

当初は人間の遺伝子操作に対する反対運動を行っていたのだが、次第に過激化しコーディネイターを迫害・抹殺するようになった。
構成員の年齢、職業はさまざまで社会のあらゆる団体に浸透し、政治、軍事の世界にも根を張っている。
地球連合軍上層部にも多数のメンバーがおり、彼らの暗躍により地球連合軍はプラントを攻撃することになる。

DESTINYではアズラエルの後任としてロード・ジブリールが選ばれたが、デュランダル議長の演説により母体であるロゴスの実態が世界に暴露され、解体の憂き目を見ている。