PS2版 機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.@Wiki モルゲンレーテ社

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モルゲンレーテ社

【解説】
オーブ連合首長国オノゴロ島に本社を置き、モビルスーツなどの開発を行っている。ストライクをはじめとする五機のガンダムやM1アストレイアークエンジェルクサナギの開発製造もここによって行われた。
ヘリオポリスにも支社と工場があり、ここで五機のガンダムの製造が行われた。ここからアークエンジェルに運び出される予定だったが、クルーゼの指揮するG強奪作戦でストライク以外のガンダムは強奪されるわ工場は完全に破壊されるわヘリオポリスは崩壊するわで散々な目に遭った。

政治権力の観点から見ると、元々は軍事に関わりのあるサハク家(外伝アストレイに登場するオーブ五大氏族の一つ)とのつながりが強かった。が、技術主任エリカ・シモンズの裏切りにより、アスハ家との繋がりも持つようになった。
ちなみにサハク家はオーブの軍事や諜報など、いわゆる「裏の仕事」を行っていたため表舞台に立っていたアスハ家を憎んでいた。
その中でも特に深い感情を持っていた「ロンド・ミナ・サハク」は独断で地球軍のMSの製作に手を貸したり(inヘリオポリス、例の五機のガンダム)、カガリの暗殺を企てたり(それはエリカ・シモンズと傭兵サーペントテールによって失敗した)と、サハク家を表舞台に立たせようとした。

ただ、本編中では「ウズミやらカガリやらの命令でアークエンジェルの修理とかしてくれる会社」といった程度のイメージしか無い会社なのも事実ではある。

なお、モルゲンレーテはドイツ語で「サンライズ」、すなわち「朝焼け」「暁」を意味する。